ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

ギャング・オブ・ニューヨーク  シネマの世界<第553話>

a0212807_2029845.jpg名匠マーティン・スコセッシ監督(1942~)の2002年作品「ギャング・オブ・ニューヨーク」は、南北戦争(1861~1865)最中(さなか)の1863年、ニューヨーク市マンハッタンの一角が、ファイブ・ポインツと呼ばれて治安の悪いギャング抗争の絶えない下町であったころの古いアメリカをリアルに描いた一大叙事詩(人間ドラマ)です。
スコセッシ監督は、この映画制作まで構想30年、撮影期間270日、制作費150億をかけ、ローマ郊外の大規模撮影スタジオに時代考証をして当時のニューヨークの街並みを再現した大掛かりなセットを組み丁寧に撮影しました。
アイルランドで起きた大飢饉により生きるためにアメリカに移民してきたカトリック教徒たちは、徒党を組んで自分たちを‘デッド・ラビッツ’と名のっていました。
そのリーダーが、ヴァロン神父(リーアム・ニーソン 1952~)で、神父ながら清濁併せのむ人柄で仲間たちから慕われ‘デッド・ラビッツ’の精神a0212807_2034215.png的支柱になっていました。
‘デッド・ラビッツ’の抗争相手は、昔からニューヨークに住むイギリス清教徒たちの子孫でプロテスタント集団‘ネイティブ・アメリカンズ’、リーダーは、肉屋のビル・ザ・ブッチャー(ダニエル・デイ=ルイス 1957~)でした。
a0212807_20374818.jpg
ある日、ファイブ・ポインツの勢力争い(抗争)でヴァロン神父が、まだ子供である息子(少年)の目の前でビル・ザ・ブッチャーに刺殺されました。
a0212807_2055090.jpg
少年は、父親に刺さったビルのナイフを抜き廃墟ビルの地下に隠し復讐を誓いました。
孤児となった少年は、‘ネイティブ・アメリカンズ’に牛耳られた警察から逮捕され少年院に送られました。
a0212807_2055453.jpgそれから16年、成人した少年は、アムステルダム(レオナルド・ディカプリオ 1974~)と名のり生まれ故郷のファイブ・ポインツに帰って来ました。
向こう気の強いアムステルダムは、ファイブ・ポインツを仕切るビル・ザ・ブッチャーから気に入られました。
a0212807_2124240.jpgアムステルダムは、女スリで盗賊さらに売春もする気丈なジェニー(キャメロン・ディアス 1972~)と知り合いお互い反目しつつも惹かれ合うようになりました。
映画のプロットは、古いニューヨークのギャング抗争を描いた骨太な時代劇ながら南北戦争時代のアメリカに生きた貧しい人たちの一大叙事詩(人間ドラマ)です。
a0212807_216337.jpg主演したレオナルド・ディカプリオは、この後スコセッシ監督作品に2006年の「ディパーテッド」と2010年の「シャッター アイランド」に出演しています。
「ギルバート・グレイプ」に出演した少年レオナルド・ディカプリオが、私は、一番好きですが、成人した俳優レオナルド・ディカプリオの資質をよく理解していたのは、役者目利きにして名伯楽のマーティン・スコセッシ監督でした。
a0212807_21104882.jpg
スコセッシ監督は、この映画のもう一人の主役ビル・ザ・ブッチャーをどうしてもダニエル・デイ=ルイスに演じてもらいたくて当時靴職人になるため引退していたダニエル・デイ=ルイスをフィレンツェに訪ね出演してくれるよa0212807_21123916.jpgう説得しました。
映画の原案と脚本は、アメリカの名映画評論家で脚本家でもあるジェイ・コックス(1944~)で、美術をイタリアの名プロダクション・デザイナーダンテ・フェレッティ(1943)が務め撮影は、ドイツの名撮影監督ミヒャエル・バルハウス(1935~)と監督・俳優と併せ最高の制作陣のコラボレーションで完成したのが、大作「ギャング・オブ・ニューヨーク」です。
a0212807_21504387.jpg映画のラストで2001年のイスラム過激派(アルカイダ)による凶悪テロで破壊された世界貿易センターの映る現代ニューヨークの風景がスクリーンに映り、その映像は、ニューヨークに生まれ育ったマーティン・スコセッシ監督の鎮魂歌(慰霊碑)のようでした。
最後に流れるU2の「The Hands that Built America」(アメリカを創った人びと)も心に響きます。
a0212807_21512949.jpg2016年秋公開のスコセッシ監督最新作「Silence」(原作は遠藤周作の「沈黙」)も楽しみで心待ちにしています。
篠田正浩監督(1931~)が、1971年に撮った作品「沈黙」(原作者遠藤周作と共同脚本)とカトリック教徒であるスコセッシ監督の撮った「Silence」とを‘棄教に対する考え’の観点から比較してみたいと思います。  (下写真:打合中のスコセッシ監督とレオナルド・ディカプリオ)
a0212807_21521113.jpgキリスト教の布教に日本へ来たポルトガルの宣教師役でアメリカの若手俳優アンドリュー・ガーフィールド(1983~「ソーシャル・ネットワーク」)、アイルランドの名優リーアム・ニーソン(1952~)が、出演しています。
日本からは、浅野忠信(1973~)、塚本晋也(1960~)、窪塚洋介(1979~)、イッセー尾形(1952~ 2005年ロシア映画「太陽」での昭和天皇役は秀逸でした)など演技力のある俳優たちが、出演していますので楽しみにしています。
by blues_rock | 2016-01-19 00:19 | 映画(シネマの世界) | Comments(0)