ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

チャイルド44 森に消えた子供たち(前編)  シネマの世界<第501話>

私は、普段映画を見るとき、監督・脚本・俳優のどれか一つクリアすることで選択してしていますが、現在公開中のサスペンス・ミステリー映画「チャイルド44 森に消えた子供たち」は、この三つに加え、私の評価する製作・撮影・編集など主要なスタッフ陣(縁の下の力持ち)に各国の優れた映画人が、参加しており迷わず見ました。
a0212807_11395713.jpg
まず監督ですが、スウェーデンの俊英映画監督ダニエル・エスピノーサ(1977~ 2012年「デンジャラス・ラン」)、彼に白羽の矢を立てたのは、今回製作を担ったギリス映画界の重鎮にして名監督リドリー・スコット(1937~)、原作者が、イギリス新進気鋭の推理小説家トム・ロブ・スミス(1979~ 2008年「チャイルド44」で作家デビュー)で
a0212807_11402516.jpg
スコット監督は、このミステリー小説の映画化権をいち早く取得していました。(上:撮影中のエスピノーサ監督)
脚本をアメリカの脚本家リチャード・プライス(1949~ 1989年「シー・オブ・ラブ」~アル・パチーノ主演)に依頼し、撮影監督は、イギリスの名撮影監督オリヴァー・ウッド(「ジェイソン・ボーン」シリーズ、「デンジャラス・ラン」)、編集a0212807_11464242.jpgをアメリカのディラン・ティチェナー(1968~ 「ゼロ・ダーク・サーティ」ほか数々の秀作を編集)が、担いました。
出演者も各国の名優ぞろいで、イギリスの若手俳優トム・ハーディ(1977~ 「マッドマックス 怒りのデス・ロード」)、同じくイギリスの怪優(性格俳優)ゲイリー・オールドマン(1958~ 1986年映画「シド・アンド・ナンシー」でデビュー)、フランスの俳優ヴァンサン・カッセル(1966~)、スウェーデンから女優ノオミ・ラパス(1979~ 「ミレニアム」シリーズの主人公リスベット・サランデルa0212807_11501490.jpg役で有名)、同じく若手俳優ジョエル・キナマン(1979~ 2014ニュー・ヴァージョン「ロボ・コップ」)、他にも錚々たる名優が出演しています。 
映画の原作となったミステリー小説は、実際当時のソ連で起きた猟奇的大量殺人事件(犠牲者52人)を下敷きに書かれています。
1953年ソ連共産党を率いた独裁者スターリン政権時代、絶対権力者スターリンの指導のもと「理想国家のソヴィエトに犯罪はない。犯罪(殺人)は、資本主義の病である。」のトンチンカンな思想が、絶対であったソ連社会のa0212807_11583166.jpg暗部を実にリアルに描いています。
当時、ソ連の食糧を賄う農業地帯のウクライナが、大飢饉で人民は、飢餓に苦しみ貧困に喘いでいました。
人民の反乱を監視する国家保安庁(国家秘密警察)は、人民に密告を煽り、例え家族や同僚でも国家反逆の疑い(些細な不満でも反逆罪としてでっち上げ)があれば、スパイとして処刑(粛清)されるか、シベリア開発の労働力(奴隷)として強制収容所に送られました。 (注:76万人の日本人シベリア抑留も目的は‘奴隷’労働力 ⇒ こちらa0212807_1159567.jpg
国家保安庁の憲兵レオ(トム・ハーディ)は、ドイツ戦線の英雄で、辣腕の秘密警察官として次々にスパイ容疑者を国家反逆罪で逮捕していました。(後編に続く)
by blues_rock | 2015-07-31 07:27 | 映画(シネマの世界) | Comments(0)