ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

福岡市美術館で春画展

a0212807_2013534.jpg来たる2015年8月8日から9月20日まで福岡市美術館で開催の「肉筆浮世絵の世界」展に併せ特設会場で「春画を展示」と美術館案内リーフレットにありました。
「エライぞ!福岡市美術館」と福岡市民として思いました。
喜多川歌麿ほか浮世絵師30点(180図)の春画を展示するとか、私は、必ず見ようと思っています。
私が、過去に春画浮世絵(春画の画集を除く)を見たのは、確か一回だけ‥ずいぶん昔のことなので、記憶も極めて曖昧でおぼろ、東京のどこかの美術館で開催された(東京国立博物館だったかも‥)浮世絵展の中に何枚かあったように薄っすら記憶しています。
福岡市美術館では、春画展示の特設会場への入場を18才未満不可にするとか、まるで映倫のR18映画のよう、18才未満の彼ら(未成年)のほうが、ずっとリアルに現実を見ていると私は思います。
大英博物館(ブリティッシュ・ミュージアム)で開催された特別展‘春画、日本美術における性と喜び展’が、なぜ日本でa0212807_20175439.jpg開催されないのか、私には、理解できませんと以前拙ブログ(こちら)に書きましたが、変化の兆しも見え始めました。
東京の永青文庫美術館が、2015年 9月19日から12月23日まで日本初の「春画展」と銘打って国内の美術館や個人コレクション、海外からは、イギリス(大英博物館)・デンマーク所有の春画を集めた展覧会を開催するそうです。   葛飾北斎肉筆画 「酔余美人図」(紺本着色 タテ26.5cm×ヨコ32.4cm)
福岡市美術館でも春画オンリーで大々的に開催して欲しいものです。
付 録: ジャパンクール 肉筆浮世絵の世界福岡市美術館の野外彫刻 
by blues_rock | 2015-06-18 00:08 | 美術/絵画/彫刻 | Comments(1)
Commented by j-machj at 2015-06-19 18:21
こんばんは。
これは良いですねえ。
福岡市美術館はすぐ近くなので、僕も行ってみます。
情報をありがとうございます。

僕が歌麿や北斎に興味を持ったのは、切手の絵柄に採用されたからでした。
東海道五十三次や富嶽三十六景も全部持っていました。