ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

玄洋窯‥無釉焼き締め‘四角の花器’

玄洋窯の花器を購入(こちら下段の写真)した日の帰り道、車を運転していて、もう一つ、どうしても私の頭から離れない無釉焼き締めの‘四角の花器’が、ありました。
a0212807_15124843.jpg
家に帰り着くとすぐ購入予約して取り措いていただきました。
a0212807_15141381.jpg
玄洋窯の陶器は、すべてロクロで創られた作品です。
a0212807_1515146.jpg
この‘四角の花器’もしかり、ロクロで形成した陶土(つち)を板で四角に叩き形を整え、鞘(さや)に収め、回りに
a0212807_15171370.jpg
いろいろな発色用材を詰めて窯に入れ1280度という高温で17時間焼成すると四角五面に用材が、化学変化
a0212807_15214163.jpg
(炭化つまり強還元)して「緋色・桟切(さんぎり)・焦げ(こげ)」の文様を描きます。
a0212807_15225985.jpg
その神秘的な景色から銘を「アンドロメダ銀河」(地球のある天の川銀河の隣りにある銀河)と名付けました。
by blues_rock | 2015-05-15 00:05 | 金継ぎ/古美術/漆芸 | Comments(0)