ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

ショーン・ペン~希代の名優にして名監督(中)  シネマの世界<第438話>

アカデミー賞受賞式でのショーン・ペンのスピーチは、シンプルながら誠実な気持ちが、伝わり感動します。
「役者たちが、知っていることと言えば(イラクに)大量破壊兵器などなかった(会場笑)ということと、演技に最優a0212807_12223046.jpg秀などないということです。
それは他の候補者を見れば分かるはずです。 そして、ポール・ジアマッティ、 ニコラス・ケイジ、ロバート・ダウニー・Jr、ジャック・ニコルソンなどノミネートされなかった人たちも同じです。 私たちは、あなたたちが、皆いかに素晴らしいか知っています。 娘ディランと息子ホッパーは、僕が、自身過剰になりスピーチを書いていると邪魔しました。 だからメモなしで挨拶しています。 クリント・イーストウッドに、役者として、そして人間として本当に感謝します。 彼が、私の人生に現れてくれたおかげです。 一緒に仕事をしてきた偉大な俳優、友人たち。 それからまだいるはず‥デニス・ルヘイン、ブライアン・ヘルゲランド、お母さん、お父さん。 ロビン(元妻の女優ロビン・ライト)、君が、いつもすばらしい刺激を与えてくれたから、このジェット・コースター(のような波乱万丈の人生)も、今では楽しめるようになってきたよ。 皆さん、本当にありがとう。」
a0212807_12255646.jpg私は、ショーン・ペンの出演作品のうち19作品、監督した3作品、計22作品を見ました。
ショーン・ペンの主演した役柄は、サイコパスな人物、知的障害者、ゲイ、死刑囚、セールスマンほかコメディに至るまで多岐にわたり、脇役・端役(チョイヤク)で出演した時も実在感のあるリアルな役作りでオーラを漂わせ、稀代の俳優としてその才能を発揮しています。
a0212807_1226202.jpg以下、私の見た映画を製作(公開)された年代順にご紹介します。
俳優(演技者)ショーン・ペンの作品では、
① 1981年「タップス」‥俳優ショーン・ペンが、長編映画にデビューした21才時の作品、当時10代後半のトム・クルーズと共演しています。
② 1989年「俺たちは天使じゃない」‥ロバート・デ・ニーロとのコミカルなかけ合いの演技が、見所の映画です。
a0212807_1228760.jpgこちらを参照
③ 1993年「カリートの道」‥アル・パチーノ演じる元麻薬王の悪徳顧問弁護士役でアル・パチーノと共演、ジョー・コッカーの「You Are So Beautiful」が、印象的でした。
④ 1995年「デッドマン・ウォーキング」‥死刑執行までの死刑囚を演じ、ベルリン国際映画祭で男優賞を受賞、俳優ティム・ロビンス(1958~ 1994年「ショーシャンクの空に」主演)の監督・脚本作品で弁護士役のスーザン・サランドン(1946~)a0212807_12291492.jpgが、アカデミー賞主演女優賞を受賞しました。
⑤ 1997年「Uターン」‥オリヴァー・ストーン監督作品のスリラーのようなサスペンスのような、はたまたコメディのような不条理劇で展開が二転三転します。⇒こちらを参照 
⑥ 1998年「キャスティング・ディレクター」‥ハリウッド映画界の舞台裏、映画に出演する配役(キャスティング)を選ぶ責任者(ディレクター)の自堕落な生a0212807_12584672.jpg態(薬・酒・女づけの日々)をリアルに描きショーン・ペンは、ヴェネツィア国際映画祭で男優賞を受賞しました。
⑦ 1998年「シン・レッド・ライン」‥ベルリン国際映画祭グランプリ受賞、太平洋戦争の激戦地ガダルカナル島を巡る日米攻防を描いた悲惨な戦争ドラマ‥生死の狭間で運にすがる兵士たち、ショーン・ペンは、不屈の勇敢な軍曹を演じています。⇒こちらを参照
⑧ 1999年「マルコヴィッチの穴」‥ショーン・ペン本人役で出演(クレジット表記なし) (下に続く
by blues_rock | 2015-01-14 00:14 | 映画(シネマの世界) | Comments(2)
Commented by ダイハード at 2015-01-14 08:12 x
管理人さま、グッモネ!
ショーンペンのスピーチ、なかなかのものですね。とりわけ掉尾にデニスルヘインの名をあげているのが印象的。
個人的にはやはり「カリートの道」が出色の出来だったと思います。当時、何の予備知識もなく映画館へ足をはこんだわたしは、当の弁護士がかれだったのを見終わったあとで知らされました。
記事中の画像をいましげしげと眺めかえしていますが・・・う~ん、やっぱり流石としかいいようがないぞ!w
ちなみに「デッドマンウォーキング」ラスト30分間のテンションといったら、落涙したことさえ気づきませんでした。
次回(下)がたのしみです~(^@^)/
Commented by blues_rock at 2015-01-15 03:17
ショーン・ペンを名優にして名監督と述べましたが、天才映画人かも知れません。
現在まですべての作品(と言っても私が見た作品ながら)に駄作がありません。
次回作は、どんな映画になるのか‥楽しみです。