ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

ガタカ  シネマの世界<第418話>

SF映画「ガタカ」は、冒頭‘そう遠くない未来’というクレジットが、スクリーンに告知されて始まります。
「ガタカ(GATTACA)」とは、DNA基本塩基の頭文字を組み合わせたもので‘そう遠くない未来’にある宇宙開発企業「ガタカ」の社名です。
近未来を舞台としているSF映画「未来世紀ブラジル」のプロットと似たところがありますので、見比べて見るのもa0212807_2334747.jpg面白いと思います。
アンドリュー・ニコル監督・脚本(1964~ 2002年「シモーヌ」)の1997年作品で、音楽監督を1992年「ピアノ・レッスン」(カンヌ国際映画祭パルムドール、アカデミー賞3部門受賞)の音楽で世界的に有名な作曲家マイケル・ナイマン(1944~ パトリス・ルコント監督1989年「仕立屋の恋」・1990年「髪結いの亭主」の音楽監督)が、務めています。
‘そう遠くない未来’の社会は、遺伝子工学テクノロジーが、進歩し生まれるとすぐに遺伝子を解析、顕われた新生児の寿命と能力数値により「適正」と「不適正」に区別されました。
この映画に悪人らしい人物は、登場しませんが、自然出産で生まれ「不適正」の烙印を押され、社会の底辺で暮らす人間と遺伝子操作で生まれ「適正」として至れり尽くせりのエリート教育を受け未来を約束された人間、ふたとおりの人間が、登場します。
a0212807_2336292.jpg
しかし、「不適正」も「適正」にも人間たるもの、それぞれ屈折した内面を抱えており、その心理描写が、この映画の見どころで、出演した俳優は、どの役柄であれ演じる人物の心理を表現しなければならず役者冥利に尽きたでしょう。
生まれた瞬間、遺伝子解析により個々の未来が決定され、自己選択肢のない不条理な社会規範(理不尽なマa0212807_23382037.jpgトリックス)に支配され、人生に自分の意思を持てない世界で‘人間の心’をもった人たちの物語です。
主人公のヴィンセント(イーサン・ホーク 1970~)は、両親の‘婚前交渉’で誕生、生まれるとすぐ「不適正」の烙印を押され、心臓病で30才までの寿命とDNA解析された若者でした。
ヴィンセントには、アントンという弟(ローレン・ディーン 1969~)がおり、遺伝子操作で生まれた弟は、「適正」で、国家警察の捜査官でした。
ヴィンセントの夢(憧れ)は、宇宙飛行士になることでしたが、「適正」でないと宇宙飛行士資格試験を受験することさえ叶いませんでした。
a0212807_23385632.jpg彼は、せめてガタカ社の宇宙基地から発射されるロケットを身近で見ようとガタカ社の掃除夫になりました。
ある日、ヴィンセントは、ガタカ社の「適正」女性社員アイリーン(ユマ・サーマン 1970~ 2003年「キル・ビル」)と偶然知り合い、彼女も宇宙飛行士を夢見ながら持病の心臓疾患で地球勤務に甘んじていることを知りました。
アイリーンと恋仲になったヴィンセントは、彼女からヴィンセントに良く似た車椅子の「適正」エリート青年ジェローム(ジュード・ロウ 1972~)を紹介されました。
a0212807_2343610.jpgジェロームは、水泳のスペシャリストでオリンピック金メダルを当然視されながらも銀メダルに終わり挫折、自殺を図ったものの未遂で、生涯下半身不随の車椅子生活になりました。
厭世し隠遁していたジェロームでしたが、ヴィンセントの情熱に打たれ彼と入れ替わり身分を偽装してジェロームの夢を支援しました。
ヴィンセントは、ジェロームとなり資格試験ため毎日ガタカ社の訓練施設に通うことになり、毎日施設入口でジェロームの生体証明(体毛・頭髪・血液・尿など)を提出するよう求められました。
a0212807_23433822.jpg宇宙飛行士に合格したヴィンセントは、ジェロームとして金星の衛星タイタンに飛び立つ直前、ロケット発射に反対する彼の上司が、殺されるという事件に遭遇しました。
殺人現場近くで「不適格」ヴィンセントの睫毛(マツゲ)が、1本発見され殺人容疑者になりました。
捜査するのは、犯罪捜査官の弟アントン、いないはずの場所になぜ兄ヴィンセントはいるのか‥刑事ヒューゴ(アラン・アーキン1934~)、ガタカ所長ヨセフ(ゴア・ヴィダル1925~2012)、職員シーザー(アーネスト・ボーグナ
a0212807_2344758.jpg
イン1917~2012)などの芸達者が登場し次第にサスペンスを盛りあげていきます。
‘そう遠くない未来’で「不適格」の烙印を押されたヴィンセントが、宇宙飛行士としてガタカ社のロケット発射基地から飛び立てるのか‥映画を見てのお楽しみとしましょう。
(独り言:ユマ・サーマンは「キル・ビル」の印象が私には強く「ダカタ」での彼女の美しさに見惚れました。)
by blues_rock | 2014-11-23 00:23 | 映画(シネマの世界) | Comments(0)