ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

RONIN  シネマの世界<第416話>

東西冷戦の終結で、冷戦当時の各国諜報(スパイ)機関のスパイたちが、大勢リストラされました。
日本では、古くから仕官先(主君=国)を失い、流浪の身分となった侍(武士)を牢人と呼びました。(注:浪人は武士以外の身分も含んだ呼び名です。)。
a0212807_23265915.jpgジョン・フランケンハイマー監督(1930~2002)は、国家からリストラされたスパイたちを日本の浪人に見なし、主演のロバート・デ・ニーロ(1943~ 数多くの映画に主演、稀代の名優)、準主演のジャン・レノ(1948~ フランスの名優「ニキータ」・「レオン」のアサシン役は秀悦)ほかミシェル・ロンズデール、ジョナサン・プライス、ステラン・スカルスガル、ナターシャ・マイケルホーンなど名脇役をそろえ1998年映画「RONIN」を撮りました。
ある日、正体不明の男(ボス)に雇われた元スパイ‥RONIN(浪人) 5人が、パリのアジトに集められ、代理人の女ディアドラ(ナターシャ・マイケルホーン 1969~ 1996年「サバイビング・ピカソ」にフランソワーズ・ジロー役で出演)から、ニースのホテルにいるターゲットが、所有している銀色のケースを盗み出せとのボスの指令を受けました。
a0212807_23422497.jpg彼ら 5人は、盗む目的、雇い主の正体、ケースの中身、何も知らないまま仕事に取りかかりました。
ロバート・デ・ニーロ演じるサムをリーダー格に 4人が、作戦実行の準備に入った途端、武器調達をした仲間のミスで予期せぬ襲撃に遭いながらニースに到着、何とかターゲットから銀色のケースを盗み出しました。
しかし、電子機器類を担当していたグレゴール(ステラン・スカルスガル1951~「存在の耐えられない軽さ」・「メランコリア」・「ドラゴン・タトゥーの女」など名作映画に多く出演)が、仲間を裏切りました。
a0212807_2343837.jpgサムとヴィンセント(ジャン・レノ)は、グレゴールを追跡、捕まえる寸前、IRAの一員であったディアドラとIRAのシーマス(ジョナサン・プライス 「未来世紀ブラジル」こちら)が、グレゴールを拉致し連れ去りました。
ボスにも見捨てられたサムとヴィンセントは、銃撃され、サムが瀕死の重傷を負いました。
ヴィンセントは、サムを旧友のジャン=ピェール(ミシェル・ロンズデール 1931~「薔薇の名前」・「ミュンヘン」・a0212807_23442955.jpg「宮廷画家ゴヤは見た」・「神々と男たち」ほか名作多数に出演)の家に匿(かくま)い、彼に重傷のサムの治療をしてもらいました。
フランケンハイマー監督は、相当の‘日本贔屓(びいき、ジャポニスム愛好家)’と見えて、ジャン=ピェールに、家にある日本趣味の品々を傷の治ったサムに見せながら「侍>武士>浪人」の違いについて語らせます。
やがて、正体不明であったボスが姿を現わし、グレゴールも殺され銀色ケースの激しい争奪戦になります。
アマチュア・レーシングドライバーを経験したフランケンハイマー監督は、危険を伴うカーチェイスの撮影‥衝突a0212807_2345958.jpg(クラッシュ)と逆走を除く、に参加しました。
車の不自然な動きを嫌うフランケンハイマー監督は、パリ市中をフルスピードで走るカーチェイスもすべて実写で撮影しています。
さらに、登場する車‥アウディS 8・プジョー406・シトロエンXM・ベンツ W 116・BMW 5が、フルスピードで走るエンジン音も車種別に録音、その車の走行シーンに合わせたエンジン音にしました。
劇中、たびたび登場する烈しいカーチェイス・シーンは、見ているこちらの方も思わずしていないシートベルトに
a0212807_032341.jpg
手をやるような超弩級のスリルに息をのみます。
臨場感(リアリズム)あふれるカーチェイスは、サスペンス・アクション映画「RONIN」のもう一つの見どころです。
by blues_rock | 2014-11-19 00:19 | 映画(シネマの世界) | Comments(0)