ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

異才監督ハル・ハートリーの世界(後編)  シネマの世界<第372話>

a0212807_2326236.jpg1994年作品「愛・アマチュア」(原題 Amateur)もハートリー・ワールドが、展開します。
ニューヨークの路地裏に黒いスーツを着た男が、頭にキズを負い倒れていました。
そこに黒髪の女が現れ女は、男の体を靴の先で突き男が、動かないのを確認しその場を去りました。
やがて男(トーマス)は、意識を回復しますが、頭を強打していたために過去の記憶を喪失していました。
茫然自失のトーマスが、近くのコーヒーショップに入ると元尼僧でポルノ作家イザベル(イザベル・ユペール 1953a0212807_2327836.jpg~ 2012年「愛、アムール」こちらに出演)に出遭い、彼女から頭のキズの手当を受けました。
黒髪の女(ソフィア)の正体は、ロリータ・ポルノと呼ばれるポルノ映画の女優で、極悪非道なヒモであり暴力亭主のトーマスから逃れるため窓から突き落としたのでした。
少しずつ回復する記憶の断片を手繰りながらトーマスは、イザベルと共にトーマスの住んでいたアパートに向かうと‥そこにソフィアが現われ、さらにマフィアの殺し屋まで現われました、
a0212807_2331870.jpg
トーマス役を「シンプルメン」のマーティン・ドノヴァン、ソフィア役をエリナ・レーヴェンソンが、演じています。
2011年作品「はなしかわって」(Meanwhile)は、7年ぶりの新作ですが、インディペンデント映画のハートリー・スタイルは、変わらず、監督・脚本・製作・音楽(クレジット:ネッド・ライフル)を監督自身が、行なっています。
a0212807_23525448.jpgこれまでと違うのは、映画をデジタル映像で撮影したことです。
映画は、ニューヨークのマンハッタンを舞台に、変わり者でお人好しのジャズ・ドラマー、ジョセフ(D.J.メンデル)が、ちょっとした修理ならいつでもできる道具類の入ったアタッシュケースをどこに行くにも常に携え、有名になることや金持ちになることより、何とか人の役に立とう、社会に認めてもらおうとする不思議な姿をハートフルに描いています。
a0212807_23532544.jpg
ハートリー監督の色彩豊かなデジタル映像は、スタイリッシュで美しく、クールな音楽とニューヨークの情感豊かに、ジョセフのやさしさに触れた人たちが、お互いの心の距離を縮めていく57分のヒューマン・ストーリーです。
ハートリー監督のパートナーであった女優二階堂美穂(1966~)も出演していました。
by blues_rock | 2014-07-17 00:17 | 映画(シネマの世界) | Comments(0)