ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

猫の額‥6月の風景

通所介護(デイサービス)施設の駐車場脇にあった‘猫の額’ほどの空き地を5月初旬に耕し小石やゴミを拾い、畑地に苦土石灰を撒いて土壌消毒、新しい土を鋤き込み肥料を入れて‘1坪農園’にしました。
a0212807_20383075.jpgトマト・キュウリ・茄子を各2本、ピーマン1本を植えました。(この‘猫の額’農園以外にもミニトマト2本・カボチャ3本を植えました。)
敷地内で果実の成る木は、みかん・レモン・サクランボ・ビワ・スモモ・リンゴ・柿・イチヂク・グミ・フェイジョワなど10数本育ちましたが、天道生えの野菜(カボチャ・トーガン)のほか特に野菜畑は有りませんでした。
福岡市油山の東裾野柏原地域には、野菜の直売所が多く、手間ヒマかけて野菜につく虫と闘いながら自家栽培するリスクを負うより立派な四季折々の野菜が、いつでも安く手に入ります。
a0212807_20492513.jpgともあれ、わが国は、早晩TPPを全面的に受け入れることを想定し、今年から一念発起、ささやかながら自分たちにできる‘自給自足’の取り組みに着手しました。
私たちの施設では、昨年12月太陽光発電システム(最大出力7.45 KW)を装備、火力発電のCO2排出抑制に努め、今年の夏は、朝顔のグリーンカーテンで冷房効率を高めたいと思います。
地球上に人類の住める環境を守りたいなら原子力発電を‘鬼っ子’扱いしないで国家エネルギーの基本政策に組み入れ節度ある運用をしなければなりません。
原子力発電については、「原子力発電所‥もっと皆で考えよう」(こちら)をご覧くださると光栄です。 
by blues_rock | 2014-06-12 00:12 | 柏原生活/博多叙景 | Comments(0)