ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

野蛮なやつら / SAVAGES  シネマの世界<第359話>

a0212807_13135843.jpgヴェトナム戦争などをテーマに社会派の映画監督としてアメリカ社会の負の部分を赤裸々に撮ってきた名監督オリバー・ストーン(1946~)の2013年日本公開映画「野蛮なやつら / SAVAGES」は、ハードボイルド・タッチのクライム・アクション映画です。
植物学者ベン(アーロン・ジョンソン=ジョンソン 1990~ 2009年映画「ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ」を主演、ジョン・レノン役は良かった)と元海兵隊のチョン(テイラー・キッチュ 1981~)は、無二の親友で、ベンの植物に対する知識とチョンの戦闘能力を生かし、高品質大麻の栽培ビジネスに成功しました。
厚い友情で結ばれた二人は、恋人オフィーリア(ブレイク・ライブリー 1987~ )との愛(セックス)も関係も共有、
a0212807_13154699.jpg
南カリフォルニア、ラグナ・ビーチの豪邸で男女3人の奇妙な同棲生活を送っていました。
ある日、メキシコに拠点を置く巨大麻薬組織の女ボス エレナ(サルマ・ハエック 1966~)は、ベンとチョン二人が扱う高純度大麻に目を付け‘業務提携’と称した名目上の契約を強引に持ちかけてきました。
a0212807_13161388.jpg
‘業務提携’とは、名ばかりでエレナの意を受けた代理人ラド(ベニチオ・デル・トロ 1967~)は、傍若無人に二人を脅迫、‘組織への非協力者たち’を処刑した残虐非道なビデオ映像を送り付け、人質としてオフィーリアを誘拐しました。
a0212807_13171094.jpg
これに州警察の麻薬取締官デニス(ジョン・トラボルタ 1954~)が絡み、三つ巴の壮絶な攻防戦を展開していきます。
大麻栽培というベンチャービジネスで成功したベンとチョンの偽善ぶり‥麻薬取引の収益でアフリカ貧困地域のa0212807_1318781.jpg慈善事業に精を出す一方で、非合法大麻の密売を広域化、マネーロンダリングしながら莫大な収益で酒と女(セックス)と暴力に明け暮れています。
この映画の見どころは、脇を固める(というより準主演の)ベニチオ・デル・トロとジョン・トラボルタの二人です。
劇中思わずブラボー!と拍手したくなるくらい見事な名役者ぶりを発揮しています。
ベニチオ・デル・トロの強烈な‘野蛮(サベージ)ぶり’が、実に秀逸で、汚職警官ジョン・トラボルタのユーモアとa0212807_13214725.jpgペーソス漂う雰囲気に末期ガンの妻を抱える中年男の侘びしさに味がありました。
ストーン監督の荒々しい映像は、治安の悪いアメリカ南部とメキシコ国境沿いの野蛮な空気感を生々しくリアルに表現していました。
by blues_rock | 2014-06-16 00:10 | 映画(シネマの世界) | Comments(0)