ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

石の上にも三年(前編)

a0212807_22411543.jpg「石の上にも三年」とは、仏法に由来した箴言で、座禅黙し瞑想三年、そうすればやがて悟りも開けようの教えです。
名君の誉れ高い上杉鷹山(1751~1822 米沢藩主)が、家臣に「為せば成る、為さねば成らぬ何事も、成らぬは人の為さぬなりけり」と諭したという歌もまた論旨は違っても「意思を以って続けること」の大事さを教えています。
a0212807_1423326.jpg「天才とは持続する才能である」と言った賢人の言葉は、蓋(けだ)し名言であると思います。
拙ブログは、毎日私の身のまわりの出来事をあれこれ書き続け、今日で丸三年になりました。
続けるだけなら小川の水車も回り続けているよ、と茶々入れられそうですが、思いつくまま、私の好きな映画の感想(シネマの世界)などをメインに書き続けています。
ともあれ自分にノルマがあるわけではなく、また意地になり書き続けているわけでもなく、毎日ブログを書いているうちに、ふとアラビアン・ナイト(千一夜物語)が、頭に浮かび1,001夜を目標にしました。(こちら
当初の目標であった千一夜をクリアすると、1,002夜目から新たな目標として「石の上にも三年」と言いますからa0212807_22423999.jpg
6月4日の四年をメドに毎日続けようと思いました。
普段、私の生活に主義・主張や思想・信条の類いはなく、極めて個人的な嗜好性の強い「好き嫌い」、「感動したこと」、「生理的な快不快」などを取り留めなく書いています。
先日、新聞のコラムで、ガン患者が増えたというけれど高齢化(身体機能の老化)が主たる原因という記事を読みました。
と言うことは、長寿により身体機能の一部である‘脳’も確実に老化しているはず‥脳の病気で脳梗塞・脳溢血・脳腫瘍など顕在化した脳疾患の病気は、大騒ぎされますが、脳の病気である認知症疾患については、認知症患者を診ることのできる専門医が、まだまだ少ないと思います。
後編に続く)
by blues_rock | 2014-06-04 00:22 | 時空序章(Preface) | Comments(0)