ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

愛を読む人(前)  シネマの世界<第350話>

アメリカ・ドイツ共同製作映画「愛を読む人」は、イギリスの演出家であり映画監督のスティーブン・ダルドリー(1961~)が、自ら脚本を書き監督した2008年作品です。
a0212807_0383069.jpg残念ながら、原題「The Reader(本を読む人)」で表現したい映画プロットの真意は、「愛を読む人」という薄っぺらな日本公開タイトルでは、伝わりそうもありません。
ダルドリー監督は、演出家としてイギリスのローレンス・オリヴィエ賞(演劇・オペラ)2回、アメリカのトニー賞(演劇・ミュージカル)を2回受賞しています。
映画のストーリーにロマンチックなところはなく、第2次世界大戦後、ナチスドイツの戦争犯罪を裁く1963年フランクフルト・アウシュビッツ裁判で戦犯として裁かれた女性ハンナ(ケイト・ウィンスレット 1975~ ハンナ役でアカデミー主演女優賞受賞、秀逸な演技でした)と昔の恋人ミヒャエル(レイフ・ファインズ 1962~)二人の運命に弄ばれた人生の悲哀を描いています。
a0212807_0434352.jpg映画は、15才の少年ミヒャエル(ダフィット・クロス 1990~)が、学校の帰り急病となり路面電車の車掌ハンナ(ケイト・ウィンスレット)に助けてもらうところから始まります。
それは、弁護士となったミヒャエルの過去の回想シーンで、映画を見る者は、ミヒャエルのナレーションで1958年ハンナとの出遭い、1963年ハンナの裁判傍聴、1988年ハンナへの贖罪という過去を1995年a0212807_0443841.jpg現在と行き来しながらハンナの生涯についてミヒャエルが語っていきます。
ハンナは、ミヒャエルより21才年上の女性でした。
ミヒャエルは、年上の女性ハンナを恋し孤独なハンナは、自分を一途に求める少年ミヒャエルの愛を受け入れました。
ハンナは、ミヒャエルに‘本を読んでくれること’を会う(情事の)条件にしました。
a0212807_0501824.jpgそれもつかの間、ハンナは、車掌職から事務職へ昇格転属の通知があると突然退職、ミヒャエルに行き先も告げず姿を消しました。
それから5年が経ったある日、大学で法律を学ぶミヒャエルは、ロール教授(ブルーノ・ガンツ 1941~)に同行しナチスの戦争犯罪を裁くアウシュビッツ裁判を傍聴するため裁判所に行きました。(続く
by blues_rock | 2014-05-31 23:23 | 映画(シネマの世界) | Comments(0)