ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

プーチン大統領の墓碑銘(前編)

a0212807_2344249.jpg先日の日本経済新聞(朝刊5面 国際)の見出し記事「対ロシア制裁 大統領周辺に的(まと) 支配層に揺さぶり」を読みながら「クリミア半島のロシア領併合」について今後の行く方を私なりに考えていました。
今度のウクライナ紛争(クリミア併合)の根幹にも国家の資金・資産の争奪を巡る親ロシアと親EU(反ロシア)の利権闘争がありました。
2004年ウクライナ大統領選挙で親ロシア勢力が勝利するも親EU野党勢力による‘不正選挙’抗議デモやストライキでウクライナ国内は混乱、大統領選挙のやり直しが行なわれました。
その結果、今度は親EU野党候補が勝利(シンボルカラーがオレンジでしたので‘オレンジ革命’と称される)するも政権内部の権力抗争に裏切られたウクライナ国民は、ウンザリし(わが国の民主党政権とそっくり)2010年のa0212807_1161418.jpgウクライナ大統領選挙では、前回再選挙で敗れた親ロシア勢力の候補が、再び大統領になるという皮肉な結果になりました。
親ロシアのウクライナ大統領は、破たんした国民経済と国家財政にありながらロシアのプーチン政権を真似たのか国家資金と資産を独占していました。
このこと(一人占め)が貧困にあえぐウクライナ国民にバレでしまい国を追われロシアに軍事的な庇護を求めましたが、さすがに狡猾で強かなプーチン大統領は、‘同類’(同じ穴の貉)と思われるのを嫌い(ソチ冬季オリンピック前でもあり)、親EU(反ロシア)ウクライナに手出ししませんでした。
a0212807_7545877.jpg黒海沿岸ソチでの冬季オリンピックも無事に終わりウクライナ紛争をチャンスと捉えたプーチン大統領は、クリミア自治共和国の民主的を装う住民投票による独立宣言に呼応しクリミア全土を手中に収めました。
そのことと「プーチン大統領の墓碑銘」とどう関係があるの?‥実は、これが日本経済新聞(朝刊5面 国際)に掲載された記事「対ロシア制裁 大統領周辺に的(まと) 支配層に揺さぶり」の内容とリンクします。(後編に続く)
by blues_rock | 2014-03-24 02:52 | 経済/政治/世界 | Comments(0)