ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

大統領の執事の涙  シネマの世界<第300話>

中洲の大洋映画劇場で公開中のアメリカ映画「大統領の執事の涙」、原題「The Butler(執事)」を見ました。
a0212807_22422873.jpg
ホワイトハウスで1950年代のアイゼンハワー大統領から1980年代のカーター大統領まで34年間、7人のアメリカ合衆国大統領に仕えた一人の黒人執事の人生を描いた映画です。(公式サイト こちら
a0212807_22431049.jpg
映画のプロットは、綿花畑の黒人奴隷からホテルの給仕を経てアメリカ大統領の執事(バトラー)になった主人公セシル・ゲインズの人生に重ね合わせて、彼の生きた時代のアメリカ合衆国現代史の光と影をリアルに描いa0212807_22455669.jpgています。
とくにジョン・F・ケネディ大統領の暗殺と次期大統領候補と見られていた弟のロバート・ケネディ司法長官暗殺、非暴力による黒人解放公民権運動を指導したマーチン・ルーサー・キング牧師暗殺と当時の暗澹たるアメリカ社会の原風景を見せられ、アメリカ建国の精神を喪失した白人支配社会に閉塞感が漂い‥時おりしもベトナム戦争の泥沼化に反戦運動の全米への広がりと黒人解放公民権運動とが、融合し変革していくアメリカ国家をリー・ダニエルズ監督(1959~)は、歴史を俯瞰しながらクールに演出、ホワイトハウス執事セシル・ゲインズ(フォレスト・ウィテカー 1961~)の人生と彼の家庭を通してアメリカの負の歴史をリアルに描きました。
自らもアメリカ社会のマイノリティ(ゲイ・黒人)であるダニエルズ監督は、アメリカの人種差別や奴隷制度の歴史、社会に存在する差別に人一倍敏感で、差別問題に反感をもつ気持ちが、演出に過度に表われる時、執事セシル・ゲインズ役のフォレスト・ウィテカーは、ダニエルズ監督に「リーだa0212807_22463625.jpgめだよ、もっと魂を解放しなければ。それに拘る気持ちを抱えていると圧し潰されてしまうよ」と人種差別問題に関わる演出でアドバイスしたそうです。
ダニエルズ監督は、執事セシル・ゲインズを軸にアンサンブル・キャスト(群像劇)演出により映画を撮っています。
セシルは、奴隷として人種差別され続けホワイトハウスで7人の大統領に忠実に仕えますが、彼は、それまでのa0212807_22513733.jpg人生の中でどんな辛い仕打ちをされても白人を憎みませんでした。
そんな父を恥じる長男は、黒人解放運動に身を投じ、何度も刑務所に入れられました。次男は、自分がアメリカ人である誇りを示すためベトナム戦争に志願し戦死しました。
歴代の大統領から厚い信任を受け34年間ホワイトハウスで働いた執事セシル・ゲインズを名優フォレスト・ウィa0212807_22533066.jpgテカーが、見事に演じています。
執事セシル・ゲインズの妻役にアメリカTV界の有名司会者オプラ・ウィンフリー(1954~)、セシルの母で綿花畑の奴隷役に歌手のマライア・キャリー(1970~)、ホワイトハウスの同僚役でロック・ギタリストのレニー・クラヴィッツ(1964~)が出演、味のある名演技を披露しています。
a0212807_236298.jpgアイゼンハワー大統領をロビン・ウィリアムズ(1951~)、ケネディ大統領にジェームズ・マースデン(1973~)、レーガン大統領はアラン・リックマン(1946~)、同夫人をジェーン・フォンダ(1937~)が演じ、脇をビシッと絞めていました。
映画のラストに、アメリカ建国以来初めての黒人大統領、オバマ大統領が、象徴的な意味で登場し映画「大統領の執事の涙」の最後を締めくくります。
by blues_rock | 2014-02-24 00:40 | 映画(シネマの世界) | Comments(0)