ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

桜切るバカ、梅切らぬバカ

私の住まうマンションの周辺は、梅林の多いところで、先日近くの梅林で寒風吹き荒(すさ)ぶ中、農家の方が、初夏に立派な梅を収穫するために梅の剪定作業をしていました。
a0212807_2227045.jpg切られた梅の小枝には、小さな蕾み(つぼみ)が、たくさんついており枝ぶりの好いのを1本拾って来ました。
大振りな越前の壺に挿していたら、梅の花の仄かな香りとともに一足早く満開の梅の花を愉しむことができました。
壺に挿した梅の花を眺めていたら、15、16年くらい前、尼崎市に住んでいたころ武庫川河川敷では、例年桜開花を前に土手の桜並木の剪定作業をしていました。
バッサリ切り落とされた桜の枝には、膨らみかけた桜の蕾みが、たくさんついていたので肩に担いで持ちかえり、大きな壺に入れ桜の花が、散り終わるまで‘桜の花見’を楽しみました。
桜切るバカ、梅切らぬバカ‥私の春の憶い出です。
by blues_rock | 2014-02-05 23:30 | 柏原生活/博多叙景 | Comments(0)