ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

名優クリスチャン・ベール  シネマの世界<第287話>

クリスチャン・ベール(1974~)は、イギリスを代表する俳優で今年40才になります。
1987年13才の時「太陽の帝国」で長編映画にデビュー、以来27年に及ぶ映画俳優のキャリアで今や世界的な名優になりました。
a0212807_23374075.jpg
アル・パチーノ(こちら)、ロバート・デ・ニーノ(「1900」・「ゴッドファーザー2」・「レイジング・ブル」・「容疑者」)、ダニエル・デイ・ルイス(「存在の耐えられない軽さ」・「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」・「リンカーン」)に並ぶ映画俳優としての才能と実力を持ち次世代を担う俳優の一人は、間違いなくクリスチャン・ベールと私は思います。
a0212807_23382177.jpg私が見たクリスチャン・ベールの映画は、1987年「太陽の帝国」、1998年「ベルベット・ゴールドマイン」、2000年「アメリカン・サイコ」、2004年「マシニスト」、2005年「バットマン ビギンズ」、2007年「アイム・ノット・ゼア」、2007年「3時10分、決断のとき」、2008年「ダークナイト」、2009年「ターミネーター4」、2010年「ザ・ファイター」(アカデミー助演男優賞受賞)、2012年「ダークナイト ライジング」‥2014年1月31日日本公開の「アメリカン・ハッスル」では、クリスチャン・ベールが、でっぷり太った天才詐欺師を演じるとか、大いに楽しみにしています。
右写真:クリスチャン・ベールが‘デ・ニーノ’アプローチを行ない、前髪を薄くし下腹部に脂肪をつけ、でっぷり太った天才詐欺師を演じます。
「マシニスト」でガリガリに痩せ、「アメリカン・ハッスル」でデブデフに肥るクリスチャン・ベールの役者魂に心から敬意を表します。
by blues_rock | 2014-01-25 00:25 | 映画(シネマの世界) | Comments(0)