ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

ミザリー  シネマの世界<第283話>

アメリカの作家スティーヴン・キング(1947~)が1987年に発表したスリラー小説「ミザリー」を原作に、1990年ロブ・ライナー監督(1947~ 1986年作品「スタンド・バイ・ミー」の監督)は、サイコ(狂気)・サスペンス(不安)・ホラー(恐怖)が見事に合体した映画「ミザリー」を撮りました。
a0212807_20461450.jpg
主演したキャシー・ベイツ(1948~)が、サイコパス(精神異常者)の元看護婦アニーを怪演(入魂の名演技)、この映画でアカデミー主演女優賞を受賞しました。
アニーの異常な偏愛の相手が、大ベストセラー「ミザリー」シリーズで一躍人気作者となったポール・シェルダンa0212807_20474587.jpgで、アニーの異常な偏愛の犠牲となるポール役をジェームズ・カーン(1939~)が好演しています。
サイコパスのアニーを演じたキャシー・ベイツのやさしい笑顔と怒り狂った顔の相反する表情も映画の見どころの一つです。
アニーは、ポール・シェルダンの熱狂的なファンで、「ミザリー」シリーズの愛読者でした。
とくに主人公の女性ミザリーへのアニーの思い入れは、尋常ではなくミザリーと自分を重ね合わせていました。
a0212807_2049448.jpgポールは、これまで長い間書き続けてきた大ベストセラー「ミザリー」シリーズに終止符を打ち冬山の山荘で新作を完成させました。
新作の原稿を持って吹雪の中、山を降り車で出版社に向かう途中、山道の崖から転落、大破した車の中から重傷のポールを救出したのが、元看護婦のアニーでした。
全身打撲で両足を複雑骨折したポールをアニーは、自分の家に運び介護しました。
a0212807_20514647.png
ポールの熱狂的なファンのアニーは、彼を自宅で介護できる喜びに甲斐甲斐しく身の回りの世話をしました。
ある日、町に買い物に出かけたアニーは、「ミザリー」シリーズ最後の新刊(最終巻)発売を知り、早速本を買い読みました。
a0212807_2101535.jpgだが、アニーは、ミザリーが死んでしまう結末に激怒、ポールを罵りました。
そしてアニーは、ポールに新作の原稿を燃やすよう強制、タイプライターを持ち込み「ミザリー」の続編を書き‘ミザリーを生き返させる’よう迫りました。
大雪で隔離されたアニーの山荘の二人だけの閉鎖的な空間で身動きならないポールは、次第に恐怖を募らせていきました。
アニーが、外出しているスキに身体を引きずり監禁されている部屋を出たポールは、彼女の部屋で一冊のアルバムを発見しました。
a0212807_2145725.jpgアルバムには、アニーの子供のころの写真と併せ、彼女が過去何度も殺人を犯したニュース記事もファィルされていました。
ポールは、アニーがサイコパス(精神異常者)であると知り、彼女の機嫌をとりながら早く脱出することを考えました。
映画の中で使われるタイプライターやダイヤル式電話などの小道具に20数年の歳月を感じるものの、プロットとシナリオが、上質なので映画に旧さはありません。
ポールの出版代理人の役で往年の美人女優ローレン・バコール(1924~)が、出演していました。
by blues_rock | 2014-01-21 00:32 | 映画(シネマの世界) | Comments(0)