ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

詩人 石垣りん

現代詩の女性詩人石垣りん(1920~2004)は、同じ時代を生きた詩人の茨木のりこ(1926~2006)とどことなく、凛とした雰囲気と透徹した人生観(哲学)が、良く似ているように感じます。
a0212807_21462745.jpg石垣りんは、旧制小学校を卒業したあと14才の時から銀行の事務員として働き、定年で退職するまで勤務しました。
軍国日本の厳しい戦前・戦中、そして戦後の貧しい時代にあって家族のために働きました。
その毎日の生活の中で多くの優れた詩を発表しました。
          ◇
   「表札」    詩:石垣りん
  a0212807_21464810.jpg自分の住むところは
  自分で表札を出すにかぎる
  自分の寝泊まりする場所に
  他人がかけてくれる表札は
  いつもろくなことはない
  病院へ入院したら
  病室には石垣りん様と
  様が付いた
  旅館に泊まっても
  部屋の外に名前は出ないが
  やがて焼き場のかまにはいると
  とじた扉の上に
  石垣りん殿と札が下がるだろう
  そのとき私がこばめるか?
  様も
  a0212807_21104349.jpg殿も
  付いてはいけない  
  自分の住む所には
  自分の手で表札をかけるに限る
  精神の在り場所も
  ハタから表札をかけられてはならない 
  石垣りん
  それでよい
          ◇
   「くらし」    詩:石垣りん
  食わずには生きていけない
  メシを
  野菜を
  肉を
  空気を
  光を
  水を
  親を
  きょうだいを
a0212807_21281696.jpg  師を
  金もこころも
  食わずには生きてこれなかった
  ふくれた腹をかかえ
  口をぬぐえば
  台所に散らばっている
  にんじんのしっぽ
  鳥の骨
  父のはらわた
  四十の日暮れ
  私の目にはじめてあふれる獣の涙
by blues_rock | 2013-09-13 23:30 | 詩/短歌/俳句/小説 | Comments(0)