ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

ジャック・マイヨールと唐津の海

日本経済新聞を読んでいたらジャック・マイヨールに触れた記事があり、彼は、日本人の友人に「世界で死の文化が、一番進んでいるのは日本だから、日本で勉強がしたい。」と言っていたそうです。
a0212807_1145405.jpgジャック・マイヨール(1927~2001自死 享年74才)は、日本の海と日本の文化(とくに座禅)を愛したフランス人でした。
1927年上海に生まれたジャック・マイヨールは、6才の頃から家族と一緒に夏の休暇を唐津の海で過ごしました。
10才の夏、唐津の海(七ツ釜)で初めてイルカに出会った体験は、ジャック・マイヨールの人生に大きな影響を与えました。
ジャック・マイヨールは、‘フリー(素潜り)ダイバー’として世界的に有名になっても機会あるたびに自分の人生の原点である唐津を訪ね「「私は、唐津に完全に魅了されています。ここに来ると家族を思い出し初めて会ったイルカを思い出すのです。」と述べています。
ジャック・マイヨールについては、フランスの名映画監督リュック・ベッソン(1959~)の映画「グラン・ブルー」(1988)を見ていただくと良く分かります。
ジャック・マイヨールは、49才のとき(機材を一切付けない)素潜りで100メートルの世界記録を作りました。
a0212807_14444160.jpg
さらに55才のとき自らの素潜り世界記録を更新、105メートルという前人未到の素潜り世界新記録を作りました。
潜水は、常に死と隣り合わせで、より深く潜れば、それだけ死に近くなり死を意識すると言われています。
ジャック・マイヨールは、潜水する前、長い時間座禅を組んで瞑想していました。
生前ジャック・マイヨールは、「地球上の生命は、みんな海から生まれた。地球がすべての生物の母であるとす
a0212807_14455893.jpg
れば、海はその子宮である。」と述べています。
2001年ジャック・マイヨールは、イタリア、エルバ島の自宅で自死、74才の生涯を自ら閉じました。
ジャック・マイヨールの遺骨は、トスカーナの海に散骨されましたが、唐津から玄界灘を見ていると唐津の海にも還してあげたかったと感傷的な気持ちになります。(上写真2枚:唐津 七ツ釜の海)
by blues_rock | 2013-08-10 00:39 | 人生/愛(Love) | Comments(0)