ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

ピアノに寄る少女たち

ピエール=オーギュスト・ルノアール(1841~1919)は、フランス印象派を代表する画家として日本でもモネとならびファンの多い画家です。
ルノアールの描く若い女性の肖像や裸体像は、この「ピアノに寄る少女たち」(1892 オルセー美術館)を見ても
a0212807_756030.jpg
分かるとおり生命力に溢れ、張りのある白い肌と健康的な肢体が、女性特有の美しさを際立たせています。
スイスのオスカー・ラインハルト・コレクションの「眠る裸婦」(こちら)は、ルノアールの傑作で、ルノアール作品の中で私の一番好きな絵です。
by blues_rock | 2013-08-11 00:30 | 美術/絵画/彫刻 | Comments(0)