ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

アンコール!!  シネマの世界<第196話>

イギリスの名優テレンス・スタンプ(1939~74才)と名女優ヴァネッサ・レッドグレーヴ(1937~76才)が、主演する現在上映中のイギリス映画「アンコール!!」(原題 Song for Marion)を見ました。(予告編 こちら
a0212807_19235817.jpg監督は、イギリスの新鋭ポール・アンドリュー・ウィリアムズで老名優二人のキャラクターの良さを最大限発揮させる演出センスの良さに驚きました。
主人公の無口で気難しく頑固な老人アーサーをテレンス・スタンプ、アーサーの妻で末期ガンを患い車イス生活ながら陽気で社交家のマリオンにヴァネッサ・レッドグレーヴという老夫婦の愛の物語です。
テレンス・スタンプが、とにかくすばらしく、一人息子とも疎遠で人間嫌いの偏屈な頑固老人アーサーを名演しています。
妻のマリオンは、夫アーサーとは正反対で何ごとにも積極的で若い音楽教師エリザベス(演じるのはイギリスの若手女優ジェマ・アータートン 1986~)の指導する合唱団「年金ズ」に参加、合唱団の仲間たちと一緒に歌う陽気な時間を人生の何よりの楽しみにしています。
長年連れ添ったマリオンにだけアーサーは、やさしく自分の運転する車で彼女を合唱団「年金ズ」へ送り迎えし、室内には入らず窓の外でタバコを吸いながらマリオンを待っています。
合唱団が、国際合唱コンクールの予選に挑戦することになった矢先、マリオンの病状が、悪化し倒れました。
a0212807_19361711.jpg
マリオンの強い希望でアーサーは、マリオンの代わりに急きょ合唱団に参加することに同意しましたが、それでもアーサーは、しぶしぶで乗り気ではありませんでした。
マリオンは、自分が死んだあと孤独になるアーサーを心配し、何とかアーサーに生甲斐と友だちを見つけて欲しいと願っていました。
a0212807_1929499.jpg
しかしアーサーは、合唱団の歌う過激な歌詞のロックやラップに苦虫を噛みつぶしたような顔で「自分はイヤだ、できない」とマリオンの説得にも耳を貸そうとしませんでした。
そんなある日、合唱団のパーティでマリオンは、不機嫌そうな顔をしているアーサーのためにソロで「トゥルー・カラー」(シンディ・ローパーの歌)を歌います。
a0212807_19295235.jpg
「私にはあなたの本当の色が見える。怖がらないで本当の色を見せて欲しい。」とマリオンは、アーサーに人生最期の唄を歌いました。
マリオン役のヴァネッサ・レッドグレーヴのアカペラは、心に沁み入り、感動で涙が溢れてきます。
人前で歌ったことのないアーサーですが、音楽教師のエリザベスに少しずつ心を開き始めました。
a0212807_19302587.jpg
私が、お薦めするこの夏必見の映画で、現在上映中なので、ハンカチを少し多めに持参され、ご夫婦・ご家族・恋人とぜひ映画館でご覧ください。
by blues_rock | 2013-08-04 23:18 | 映画(シネマの世界) | Comments(0)