ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

ゴールデンスランバー  シネマの世界<第184話>

映画のタイトルを見て、ビートルズの曲「ゴールデンスランバー」(1969年アルバム“アビイ・ロード”B面8曲目)が、流れることを楽しみにして見ました。
a0212807_23161929.jpg
映画では、冒頭にロックミュージシャンの斉藤和義(1966~)の歌う「ゴールデンスランバー」が流れ、斉藤和義は、初めて映画の音楽監督を担当しました。
a0212807_23163581.jpg2010年公開映画「ゴールデンスランバー」の原作者伊坂幸太郎(1971~)は、自分が、作家になった動機として斉藤和義の曲「幸福な朝食 退屈な夕食」を聴いたことによると言っています。
監督は、原作者伊坂幸太郎の信頼厚い中村義洋監督(共同脚本、1970~)で、音楽監督に斉藤和義が加わり、原作・監督・音楽のトリオは、2012年作品「ポテチ」もコンビを組みました。
a0212807_23171966.jpgさて、「ゴールデンスランバー」のストーリーは、仙台でパレード中の首相が、何者かに暗殺されるところから始まります。
サスペンスの筋立てが、良いので、映画をご覧いただきたいと思いますが、得体のしれない大きな権力から暗殺犯にされた運送会社社員に堺雅人(1973~)、彼を犯人と断定し執拗に追う警視庁の捜査責任者に香川照之(1965~)、さらに共演者としてベテランa0212807_2317536.jpg俳優の柄本明(1948~)、永島敏行(1956~)、若手では濱田岳(1988~)などが絡み、暗殺犯の濡れ衣を着せられた社員の2日間にわたる逃亡を助けます。
映画の冒頭から多くの伏線がはられ、劇中次第に現われてきますが、生きていくうえで一番大切なものは、人との繋がりや信頼であると映画は、伝えていました。
a0212807_23183191.jpg堺雅人と香川照之二人の名優が、共演した映画「鍵泥棒のメソッド」も一級のコメディでおもしろい映画でしたのでお薦めいたします。
by blues_rock | 2013-07-06 23:00 | 映画(シネマの世界) | Comments(0)