ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

カラ売り

今年の4月4日、中小企業の日本銀行社長(権威を持たせるため総栽と称している)が、日本円の‘異次元緩和’と称して、日本銀行(下図は日本銀行株価 3か月間の推移)の印刷する‘日本紙幣’を2倍に増やして世界にバラ撒くといきなり宣言しました。(参考:ジイさまたちが子孫に残す借金 こちら
併せて借金だらけで借金返済のメドも立たない日本国政府の新規‘国債’も「大丈夫、大丈夫、7割は、日本銀行が引き受けます。」と無謀かつ無責任に言い放ちました。
これに海外のヘッジ・ファンドが、“異次元のバズーカ金融緩和”と囃(はやし)し立て、マスコミもピーヒャラa0212807_22222077.png一緒に踊り出しました。
この無責任なバズーカ金融と大いに関係ある‘アベノミックス’三本の矢については、拙ブログの別稿(こちら)で掲載したいと思います。
この日から日本経済新聞に掲載されるエコノミスト(経済専門家)・ストラテジスト(経済戦略家)・ トレーダー(投資実務者)・アナリスト(投資分析家)たちの記事や発言が、無節操にガラリと変わりました。
3月までの論調は、概ね為替がドル/円で100円、日経225平均株価(下図)上値が13,000円の想定でした。
4月4日日銀総裁‘異次元のバズーカ’発言から、為替は、ドル高/円安で115円~120円、株価は、18,000円~20,000円などと、まあ極端な論調に早変わりし、何んと節操のないことか‥翳りのみえるEUと新興国の金融市a0212807_22582256.png場で苦戦していた海外ヘッジ・ファンドは、東京市場7割を占めるシェア・パワーを行使して日本銀行が、演出した金融バブル祭りを盛り上げました。
これをニュース・ネタにマスコミが煽り、国内の銀行・証券会社など金融機関、年金・生保など機関投資会社、個人投資家なども‘持たざるリスク’の不安心理から‘買いの持ち高’をどんどん積み上げていた矢先の5月23日に1,000円を超す大暴落、市場からいきなりの逆バズーカ攻撃を受けた機関投資家・個人投資家たちは、泡を喰いました。
これは、6月末に上期決算を迎える海外ヘッジ・ファンド(とくに短期筋)が、EU・新興国・アメリカの債権市場で金利が上昇、それにより被った多額損失の穴埋めをするために日本で仕掛けた戦略に‘異次元の日銀バズーa0212807_2259089.pngカ’は、格好の撒き餌(客寄せ)になりました。
つまり、海外ヘッジ・ファンドの出来るだけ高く持ち上げて売り抜ける戦術に、日本株と東京証券取引所が、利用されたのでした。
株式市場に「山高ければ、谷深し」という格言があります。                (上図:東京三菱UFJ銀行株価 3か月間の推移)
わずか2カ月‥日銀バズーカは空砲であったことが、分かりました。
私事ながら昨年秋、日本円が80円台、日経平均株価8,000円台のころ、東証一部上場の株を少し買い、年明け12,000円を前に売りました。
「まだはもう、もうはまだ」の格言を信じました。(参考:株についての格言‥人生訓 こちら
a0212807_22593030.pngそして、4月の金融緩和による円安と東証株価の高騰となり、にわか株ブームに沸きましたが、私の中で「何かおかしい」と釈然しない思いは、消えませんでした。
売る株を保有しない私は、証券会社から先物の株を借りて「空売り」しました。      (上図:トヨタ自動車株価 3か月間の推移)
投資の格言に「買いは家まで、売りは命まで」という相場の恐ろしさを表わす言葉があります。
その恐ろしさ(心理の弱さ)を抑えても「何かおかしい」の好奇心が強く、日経先物ミニを4月・5月・6月・7月・8月・9月・10月と数株ずつ「カラ売り」しました。
4・5月限月は、損切りのため買い戻し、6月限月も6月14日SQ清算日前に損失処理の覚悟をしていました。
a0212807_230699.pngところが、5月23日から昨日6月14日までの3週間で為替(1ドル94円、11円高)、も株価(12,686円、3527円下落4/4株価12,634円、その差52円高)も振り出しに戻りました。
私の素人考えでは、為替は、まだもう少し円高となり、株価は、もう少し11,000円台まで下押しするでしょうが「まだはもう、もうはまだなり」の格言に従い、ここが潮時と思い10月限月までの先物売りを全部買い戻し「カラ売り」を解消しました。
正直、私も4月から5月半ばまで内心ヒヤヒヤしていましたが、これで一件落着、成果は、恥ずかしいので控えておきます。 (上図:三井物産株価 3か月間の推移)
by blues_rock | 2013-06-16 00:15 | 経済/政治/世界 | Comments(0)