ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

愛すべき偏屈 ~ フランス人の数字の数え方

a0212807_1511338.jpg私は、シャンソンが好きで、とくに原語のフランス語で聴くシャンソンは、心地良いので意味もよく分からずにレコードを聴いていました。
20代の半ばに一念発起、せっかくフランス語のシャンソンを聴くのなら、せめて意味くらい辞書を引けば分かるようになりたい‥と、福岡に出来たばかりの日仏学館が開講したフランス語講座入門クラスに入学しました。
28才のとき、東京に転勤となり、ここは初心貫徹、挫(くじ)けてなるものかとお茶の水の「アテネ・フランセ」にa0212807_1525458.jpg再入学また入門クラスから始めました。
大手町での仕事が終わり、夜の六時半くらいから50分程度の授業を週3回受講、1年ばかり通いましたが、万年入門クラスで、ついに挫折‥とにかく、フランス語動詞の活用形が、ややっこしくついぞアタマに入りませんでした。
フランス語のマスターを諦め、フランス語のシャンソンは、LPアルバムに付いているライナーノーツで意味を理解し聴くことにしました。
そんな私が、スラスラと数えられるのが、フランス語の数字です。
とにかく、フランス人の数の数え方は、ユニークというか、偏屈と言うか‥‘なんでやねん!?’とフランス人にツッコミの一つも入れたくなるくらい不思議な数え方をします。
1~10までは、1(un アン)・2(deux ドゥ)・3(trois トワ)・4(quatre キャトル)・ 5(cinq サンク)・6(six シス)・7(sept セット)・8(huit ユイット)・9(neuf ヌフ)・10(dix ディス)と続き、16までは普通のカウントですが、17( dix-sept ディセット)から17は「10と7」になり、18 (dix-huit ディズユイット)が「10と8」 、19( dix-neuf ディズヌフ)は「10と9」と数えて20 (vingt ヴァン)になります。
このように25(vingt-cinq ヴァンサンク )は「20と5」、69( soixante-neuf ソワッソンヌフ)なら「60と9」とまだ順当で
a0212807_153242.gif
すが、この後から私たち日本人にとって少し面倒臭い数え方になります。
70( soixante-dix ソワッソンディス)は、「60と10」、77(soixante-dix-sept ソワッソンディセット)なら「60と10と7」 、80(quatre-vingts キャトルヴァン)は、さらに面倒で「4×20」、81(quatre-vingt-un キャトルヴャンタン)ならa0212807_154838.jpg「4×20と1」、82 (quatre-vingt-deux キャトルヴァンドゥ)なら「4×20と2」と数えます。
90(quatre-vingt-dix キャトルヴァンディス)=「4×20と10」、98( quatre-vingt-dix-huit キャトルヴァンディズユィット)=「4×20と10+8」、99 (quatre-vingt-dix-neuf キャトルヴァンディズヌフ)=「4×20と10+9」で2桁の数字が終わり、100 (cent ソン)になり‥こんな感じで数字の桁が、どんどん増えていきます。
アテネ・フランセに通っているころ、風呂の中で茹(ゆ)だりながら大声で1から100までアン・ドゥ・トワと何度も繰り返していたから憶えたのかもしれません。
日本の幼稚園児が、風呂の中で数字を憶えるように‥私が、マスターした唯一のフランス語で、いま自室で健康のために血糖値と血圧を下げる‘ステップ運動’のカウントに大いに役立っています。
by blues_rock | 2013-05-31 01:00 | 柏原生活/博多叙景 | Comments(0)