ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

L.A.ギャングストーリー  シネマの世界<第159話>

a0212807_1193583.pngゴールデン・ウィーク(5月3日)に封切られた新作映画「L.A.ギャングストーリー」(原題:Gangster Squad ギャング壊滅部隊)を早速見ました。
このクライム・アクション映画「L.A.ギャングストーリー」の監督・製作総指揮は、ルーベン・フライシャー監督(1974~)で、ミュージックビデオ・コマーシャルフィルム分野では、ベテラン監督です。
映画は、1940年代末から1950年代初めにかけてロサンゼルス(L.A.)で実際にあったL.A.市警本部長特命のギャング壊滅部隊によるL.A.マフィア組織壊滅の実話をもとにしています。
時代背景、ストーリーの展開、壮絶な銃撃戦は、1987年映画「アンタッチャブル」(ブライアン・デ・パルマ監督、ケビン・コスナー主演、ショーン・コネリー、ロバート・デ・ニーロ共演)に似ていますが、これは、ルーベン・フライシャー監督のブライアン・デ・パルマ監督に対するオマージュなのかもしれません。
a0212807_1214174.jpg
「L.A.ギャングストーリー」でL.A.ギャングの大ボス、ミッキー・コーエン(実在したL.A.マフィアのボス)を名優ショーン・ペン(1960~)が、彼ならではの解釈と見事な演技で冷酷なL.A.マフィアのボスを演じています。
a0212807_1221616.jpg
映画は、ギャングの大ボス、ミッキー・コーエンの逮捕で終わりますが、ミッキー・コーエンの跡目をめぐり、1950年代にロサンゼルスで勃発したL.A.市警を巻き込んだ血生臭いギャング抗争を描いた映画が、1997年映画
a0212807_124230.jpg
「L.A.コンフィデンシャル」(カーティス・ハンソン監督、ラッセル・クロウ主演、ケビン・スペイシー、キム・ベイシンガー、ガイ・ピアース共演)で、「L.A.ギャングストーリー」の続編と言えるでしょう。
a0212807_1242535.jpg
映画「L.A.ギャングストーリー」の出演者は、いずれも主役級の俳優たちでショーン・ペンほかL.A.市警の非合法ギャング壊滅部隊リーダーにジョシュ・ブローリン(1968~)、隊員にライアン・ゴズリング(1980~)、アンソニー・
a0212807_125212.jpg
マッキー(1979~)、ロバート・パトリック(1959~)など、L.A.市警の本部長にニック・ノルティ(1941~)、「L.A.コンフィデンシャル」でキム・ベイシンガーの役まわりをエマ・ストーン(1988~)が、演じています。
a0212807_1281694.jpg
私は、「アンタッチャブル」(1987)・「L.A.コンフィデンシャル」(1997)・「L.A.ギャングストーリー」(2013)をハリウッドギャング映画の‘3部作’と思っています。
by blues_rock | 2013-05-06 00:19 | 映画(シネマの世界) | Comments(0)