ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

石橋美術館 ‥ 福岡県の美術館

石橋美術館の思い出は、昨年2月17日のブログに「懐かしい石橋美術館(久留米市)」と題して書きましたので、こちらをご覧くださると光栄です。
a0212807_22293080.jpg
今夜は、この美術館のコレクション(所蔵作品)についての憶い出を書きたいと思います。
私の子供心に非常にインパクトがあったのは、青木繁(1882~1911)22才の時の作品「海の幸」(1904)でした。
a0212807_22303052.jpg
夏目漱石も感動したという「わだつみのいろこの宮」(1907)にも神秘を感じました。
藤島武二(1867~1943)の大作「天平の面影」(1902)の前では、天平女性の顔をじっと見ていました。
a0212807_2232753.jpg
石橋美術館は、古賀春江(1895~1933 こちら)のコレクションも充実しています。
「海」 (1929)のシュールな絵も鮮やかに記憶しています。
a0212807_22395416.jpg
       「海」(1929)  古賀春江 詩(原文まま)
   透明なる鋭い水色。藍。紫。
   見透される現実。陸地は海の中にある。
   辷る物体。海水。潜水艦。帆前船。
   北緯五十度。

   海水衣の女。物の凡てを海の魚族に縛(つな)ぐもの
   萌える新しい匂ひの海藻。

   独逸最新式潜水艦の鋼鉄製室の中で
   艦長は鳩のやうな鳥を愛したかも知れない
   聴音器に突きあたる直線的な音。

   モーターは廻る。廻る。
   起重機の風の中の顔。
   魚等は彼らの進路を図る―彼等は空虚の距離を充填するだらう―

   双眼鏡を取り給へ。地球はぐるつと廻つて全景を見透される。
by blues_rock | 2013-04-30 00:26 | 美術/絵画/彫刻 | Comments(0)