ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

山口県立美術館 ~ 山口県の美術館

a0212807_58015.jpg山口県立美術館は、1979年に開館、JR山口駅から歩いてすぐのところにあります。
山口県立美術館最大の特長は、香月泰男(1911~1974)と雪舟(1420~1506、室町時代)のコレクションです。
とくに、画家香月泰男のライフワークであった「シベリア・シリーズ」(こちら1969年第1回日本芸術大賞受賞)57点のうち45点が、遺族から山口県立美術館に寄贈され展示されています。
香月泰男は、徴兵(召集令状)により満州に送られ敗戦、ソ連によりシベリアの強制収容所に抑留されました。
シベリアの厳しい寒さの中でわずかな食事と衣服で休養も与えられず、奴隷のような過酷な労働を強いられ、シベリアに抑留された多くの日本人捕虜が、死亡しました。
画家である香月泰男は、生き残った自分の使命(ミッション)であるかのように、苦しみ抜いて死んでいった同胞たちが眠るシベリア大地や脳裏に残る同胞たちの哀しみを鎮魂画「シベリア・シリーズ」として香月泰男独自の表現技法で描き残しました。
a0212807_583389.jpg
美術館の近くに、国宝「瑠璃光寺の五重塔」がありますので、併せてご覧になることをお薦めいたします。
(参考:私の数寄な絵‥香月泰男「日の出」) 
by blues_rock | 2013-04-22 00:00 | 美術/絵画/彫刻 | Comments(0)