ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

愛と宿命の泉  シネマの世界<第145話 後編>

a0212807_103297.jpgそれからしばらくしたある日、セザールとウゴランの二人は、カーネーション畑に水を引くため、地中深く土で覆い隠し、セメントで塞いだ泉の湧水口を開けました。
その一部始終を木陰から見ていたジャンの娘マノンは、涙を流しながら怒りに震えていました。
ジャンの娘マノン役をエルネスティーヌ・マズローナが、素直な演技で健気に父親を思いやる少女を好演しています。
「愛と宿命の泉」の第Ⅰ部「フロレット家のジャン」は、ここで終わります。
第Ⅱ部「泉のマノン」は、10年後の美しい娘に成長したマノンが、主人公です。     (写真上と下2枚:美しい娘に成長したマノンを演じるエマニュエル・ベアール)
その美しい娘に成長したマノンを当時二十歳(はたち)のエマニュエル・ベアール(1963~)が、演じています。
第Ⅱ部の「泉のマノン」では、プロヴァンスの大自然の山中で羊飼いとして暮らしている若いエマニュエル・ベアールの美しい姿が、すばらしく大いに楽しめます。
a0212807_122238.jpg
余談ながら1983年写真家のデビット・ハミルトンは、エマニュエル・ベアールをモデルにして「妖精たちのプレリュード」という映像を撮っています。
1993年公開された「美しき諍い女」(1991年製作)では、エマニュエル・ベアールが、映画2時間5分のほとんどをヌード(画家のモデル役)で演じています。
a0212807_13888.jpg
さて、映画「愛と宿命の泉」に戻り、第Ⅱ部「泉のマノン」は、フロレット家のジャンと農夫ウゴランとの関係を次第に明らかにしていきます。
羊飼いとして山で暮らすマノンが、ある日逃げた羊を追っていると山中の洞窟で村全体の暮らしを守る水の源泉を発見しました。(上写真:村の水源を止めるマノン、下写真:泉の湧水口を開けて喜ぶセザールとウゴラン)
a0212807_143447.jpg
マノンは、愛する父親ジャンを死に追いやったセザールと甥のウゴランを憎み、二人に復讐する機会を狙っていました。
またマノンは、村人たちが、父親であるせむしのジャンを侮辱し、将来への夢と希望を胸に必死で農業をしているジャン一家に冷たかったことも忘れてはいませんでした。(下写真:古い手紙で真実を知り苦悩するセザール)
a0212807_151033.jpg映画のストーリーは、マノンの学校教師への恋やウゴランのマノンへの悲恋と自殺など、それぞれの人生を交えながら、シリアスな愛憎ドラマを展開していきます。
映画のラスト、老農夫セザールは、自分に宛てられ届かなかった古い手紙を知人から渡され、その内容に慟哭し深い悲しみから非業の死を迎えるフィナーレへ向かいます。
映画は、プロヴァンス地方の美しい自然をバックに、主人公たちの愛憎を長編の人生ドラマで綴った脚本もすばらしく、クロード・ベリ監督の演出に応えたイブ・モンタン、ジェラール・ドパルデューの名演とエマニュエル・ベアール、ダニエル・オートゥイユなど若い俳優たちの熱演もあって見応えがありました。
ダニエル・オートゥイユとエマニュエル・ベアールは、この映画の演技でセザール賞(フランスのアカデミー賞)を受賞しています。
by blues_rock | 2013-03-31 00:57 | 映画(シネマの世界) | Comments(0)