ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

中国4千年の中華思想‐第10夜(日本人の罪と罰とは?:後)

敗戦後、180度転向した大人たちは、戦前の教科書に墨を塗り、今度は恥ずかしげもなく‘国民総懺悔’と言い「戦争責任のない戦争を知らない子供たち」に、自国日本を悪く言う【自虐史観】の洗脳教育を始めました。
‘懺悔(ざんげ)’とは、自分の罪を認め、神に許しを乞い、罰を受けることを言います。
a0212807_14393714.jpg‘懺悔せよ’と声高に罵られ強要されても「戦争を知らず戦争責任のない子供たち」は、懺悔の意味が分かりません。
戦後の日本に生まれた私たちが、傲慢な態度で日本民族の優位性と覇権を唱え、武器を携(たずさ)えた軍勢が、外国を侵略し善良な市井の人々を殺戮したことなど一度もありません。
中国で現在(いま)起きている「チベット民族虐殺」・「ウイグル民族迫害」・「言論弾圧」・「民主と人権の抑圧」など理不尽で、社会正義のカケラもない中国共産党のプロバガンダなど愚劣です。
a0212807_14403547.jpgそういえばつい先日も、中国共産党政府の外務大臣が、記者会見で「日中関係の悪化は、すべて日本に責任がある。」と罵っていました‥彼もまた中国共産党の優等生党員で特権階級の一員だから当然の発言で、私たち日本人は、知らん顔しておけば良いでしょう。
過去の戦争は、すべて「日本が悪い、日本の責任、日本人がいけない、日本人に非がある」と洗脳するトンチンカンな歴史教育をしているようでは、日本人の心には【自虐史観】しか育たず、日本固有の領土(尖閣諸島・a0212807_1443745.jpg竹島・北方4島)認識にしても中国や韓国、ロシアの思うつぼ、やがて日本列島すら日本という国名ではなくなっているかもしれません。
念のため申しあげておきますと、私は、旧い日本が行なった先の戦争を正当化するつもりは毛頭ありませんし、今でも金切り声をあげて狭小な民族主義を叫ぶ人たちや原理主義の排他的宗教を崇める人たちがキライです。
街中を車で走りながら大音量で軍歌を流し大声(罵声)で愛国を叫ぶ人たちも嫌悪します。
a0212807_14433135.jpg
市民に生理的な嫌悪感を与えるために故意に行なっている行為としか思えませんし、なぜか右翼に在日韓国人が多いのも奇異に思えます。
中国のように居丈高な態度で漢民族偏向の覇権(中華思想)を国内外に強要、国内では、チベット・ウイグルa0212807_14441290.jpgなどの少数民族の自由を抑圧、抑圧に反対し自分たちの権利を主張する人々は、弾圧され投獄、拷問され虐殺されるような社会体制を私は憎悪します。
拙ブログを読んでくださる皆さん、私たちは、もういい加減、中国や朝鮮半島南北2国などから、旧い日本の曾祖父(ヒイじいさん)の時代に起きた不幸な事件や紛争・戦争のことで謝るのを止めませんか?
私たちが、不幸な過去の出来事を正しく認識することと、私たちが責任を負えない過去の不幸な出来事を謝ることは違います。
a0212807_14444334.jpg私たちが、中国や韓国に負うべき本当の責任は、同じ不幸な出来事を二度と起こさないことだけと思います。
今を生きる戦後生まれの日本人は、もう【自虐史観】を捨て去り、戦前の出来事に難クセ付けられても、一方的に抗議されても堂々とプライドと正義を以って反論し、お互いを尊重、理解し合える国々とチカラを併せ、一緒に世界貢献していきましょう。(続く)
by blues_rock | 2013-03-12 00:48 | 社会/歴史/思想 | Comments(0)