ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

ボストン美術館特別展‥日本美術の至宝

九州国立博物館(大宰府天満宮隣り)で開催(平成25年1月1日~3月17日)の「ボストン美術館特別展‥日本美術の至宝」を見ました。
ボストン美術館の日本美術コレクションは、10万点にも及び、明治維新の激動期に日本美術を愛したアーネスト・フェノロサ、ウィリアム・ビゲロー、岡倉天心が、保存のため努力して収集したものです。
a0212807_14354414.jpg
その中から今回のボストン美術館特別展に46点が、出品展示されています。
日本美術の至宝が、日本にないのは残念ながら、あの混乱の時代にあって必死で日本美術を守ろうとした三守護神がいなければ、ほとんど散逸したか戦災などで消滅していたろうと思います。
ボストン美術館歴代の学芸員に大切に保存されて来たからこそ日本美術の10万点が、現存しています。
a0212807_1443226.jpg
キリスト教プロテスタントのクリスチャンであったフェノロサとビグロー(フェノロサもビグローも後に仏教に帰依し日本で永眠)が、日本の古い仏教美術や華麗な琳派芸術に感動し、その作品を愛でる心をコレクションに具現したことに芸術の本質を思います。
     ◇ 長谷川等伯「龍虎図屏風」
a0212807_14471050.jpg
     ◇ 尾形光琳「松島図屏風」
a0212807_14481182.jpg
     ◇ 曽我蕭白(しょうはく)「雲竜図」
a0212807_14484614.jpg

by blues_rock | 2013-03-06 00:03 | 金継ぎ/古美術/漆芸 | Comments(0)