ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

煩悩の犬追えども去らず(プールで瞑想:後)

その年の年末のある日、朝から頭が割れるように痛く、いつもなら頭痛薬を口に放り込み出勤するのですが、その時ばかりは、ガマンできる痛さではないので、すぐに職場に電話し「カゼで頭が痛く、病院に行き出勤する。」と伝え、病院(船橋市民病院)に行き、‘再検査要’の書類も一緒に持参し病院に提出しました。
受付から指示された診察室に行くと白衣のキリリとした若い女医さんが、待っていました。
内心‘オー、ラッキー’と思った気持ちが、締まりなく顔に出たのか、キツイ表情で「どうしました?」と女医さん、a0212807_11143924.jpg「どうやらカゼのようで、頭が痛く‥」と私が答えると、一緒に提出した健康診断結果の数値を見ていた女医さんの表情が、険しくなり「あなたは病気です。至急入院してください。手続きします。」とバッサリ。
「はあ、入院‥ですか?それは‥ちょっと、年末で仕事が忙しく‥」と素っ頓狂な声で、しどろもどろしていると「分かりました。これから再検査します。今日終日かかります。その結果を見て通院治療が可能かどうかを考えます。」と厳しいお達しでした。
この時から私の長い生活習慣病との付き合いが、始まりました。
転勤のたびに工夫をして自転車通勤や1万歩ウォーキングなど自分にノルマを課しメゲそうな気持ちを抑えながa0212807_11151875.jpgらの挑戦でしたが、わが‘煩悩’の前に生来の克己心のない私は、挫折の連続でした。
今はもう自分の‘煩悩’を素直に受け入れて、一病息災と観念し病気と折り合いを付けて生活しています。
毎月1回主治医の診察と薬(服薬を忘れない)を続け、三食規則正しい食事(暴飲暴食を戒めお酒は少々)を摂り、軽い運動(週3回プールで泳ぐ)を続ける、ことで自分の健康維持を図ることにしました。
簡単なことのようですが、今まで凡庸に暮らし、自分に甘く楽な方に流れていた私の中にいる‘煩悩’の犬の群れは、私にまとわり付き、追っ払っても逃げず、まとわり付き逃げません。
禅の教えにある「心頭を滅却すれば火もまた涼し」の心境など、とてもとても‥温かいプールの中で瞑想しながら脆弱な自分の心と向き合って暮らしています。
by blues_rock | 2013-03-04 00:07 | 柏原生活/博多叙景 | Comments(0)