ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

煩悩の犬追えども去らず(プールで瞑想:前)

私は、遺伝的に高血糖症状体質、それも生活習慣から発症するⅡ型症候糖尿病なので薬を飲み忘れないこと、食事はきちんとバランスよく、運動も無理せず継続する、私の場合プールで泳ぐか水中を歩くこと、この三つを生活のモットーとしています。
生活習慣病は、三十代半ばからすでに身に覚えあり、その頃から定期健康診断すると検査結果に記された「*」印が、次第に増えていました。  (下の写真:私が泳ぎ、水中ウォーキングするDUOのプール)
a0212807_10544928.jpg「仕事、仕事、ああ仕事が忙しい」を言いわけに、来る日も来る日も‘暴飲暴食’で毎日の午前様‥の日々に、身体が、悲鳴を上げていたのだろうと思います。
それから10年くらいが過ぎ、四十代の後半だったように思いますが、取引先のお客様10数名と一緒に北海道出張、日程に知床半島観光がありました。
私にとって初めて行く知床半島‥それも2時間海から知床半島を眺める観光クルーズなのでうれしくなり席につき、ぼんやり船外のカモメを眺めていたら、ものすごい睡魔に襲われそのまま眠ってしまいました。
そして「ドン!」という低い音で目が覚めると2時間知床半島を周遊したクルーズ船(下の写真)が、羅臼(らうす)港に接岸した音で、楽しみにしていた知床半島の自然は何も見ずに帰りました。
それからしばらく経ったある金曜日、いつものように夜遅く疲れきって帰宅‥そして熟睡、そして目が覚めたの
a0212807_10572134.jpgは、日曜日の朝という不思議な体験をしました。
その間の土曜日の記憶が、スッポリ抜け落ちどうしても憶い出せません。
トイレに行かず、食事もしないで熟睡‥これは熟睡ではなくもしかしたら昏睡だったのではないかと思いました。
この年の健康診断も例年のように血液検査結果に「*」印が集中して並び、例年のように‘再検査要’の通知が、私のもとに届きました。
高血糖症候と肝機能低下の治療もいつもアドバイスされながら、これも無視してきました。(続く
by blues_rock | 2013-03-03 10:51 | 柏原生活/博多叙景 | Comments(0)