ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

テネシー・ワルツ

今夜は、少しリラックスしてカントリー・ジャズの名曲‘テネシー・ワルツ’を楽しみたいと思います。
歌うのは、ボニー・レイット(1949~)とノラ・ジョーンズ(1979~)で、ゆっくりお互いの声を確かめ合うようにデュエットしています。(こちらでお聴きください。)
a0212807_23254196.jpg
ボニー・レイットは、女性のスライド・ギタリストとして有名なブルース&ロック・ミュージシャンです。
ノラ・ジョーンズについては、拙ブログですでに書きましたので、こちらに少し詳しく紹介しています。
ノラの父親は、インド楽器シタール奏者のラヴィ・シャンカール(1920~2012)でビートルズのジョージ・ハリスン、
a0212807_23255716.jpg
ローリング・ストーンズのブライアン・ジョーンズにシタールを教えました。
テネシー・ワルツは、1948年に発表され、1950年パティ・ペイジ(1927~2013)が、カヴァーすると世界的に大ヒットしました。
a0212807_23262557.jpg
パティ・ペイジの清純な歌声が、美しいメロディと三拍子のリズムにゆったりと調和してハッピィな気持ちにさせてくれます。(こちらでお聴きください。)
by blues_rock | 2013-02-13 00:12 | 音楽(Blues/Rock) | Comments(0)