ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

中国4千年の中華思想 ‐ 第1夜

日本は、古代中国の歴史書「魏志倭人伝」に倭国として登場するより、ずっと昔の有史以前から古代中国はもとよりユーラシア大陸の文化や文明の影響を大きく受けて現在に至っています。
a0212807_2311554.jpg日本の庶民が、ヨーロッパやアメリカの文化や文明に触れたのは、高々150年前のことです。
日本列島(ならびに沖縄諸島と北海道・樺太・千島列島)で暮らしていた私たちの先祖、縄文人の狩猟文化と弥生人(大陸からの渡来人)の農耕文化が、数千年の時間をかけて融合し、各地に倭(やまと)言葉でコミュニケーションする倭人(縄文人と弥生人の融合人)が、稲作定住村落を作りました
やがて倭国は、会話の手段であった倭(やまと)言葉を表記するために中国文字の‘漢字’を取り入れ、同時に古代中国の法律である‘律令’など古代中国の文化を積極的に取り入れ大和朝廷に始まる古代日本国家を形成しました。
アジア・ヨーロッパ・アメリカ、この三つの文化・文明の優れたところを取り入れ取捨選択しながら融合し出来上がったのが、日本の古代から現代に至る文化の歴史であり文明開化と社会改革の歴史です。
いま大騒ぎしている環太平洋パートナーシップ(TPP)も、歴史の中では、一瞬のまばたきのようなものです。
国益は、私欲(利権)の総称なので歴史の未来を見据えた見識をもって、私たちは文明開化したいものです。
a0212807_2494597.gifさて、先日メールを開いたらモスクワ発のメルマガ「ロシア政治経済ジャーナル」(2013年2月3日号)に‥香港の新聞に掲載されたという「沖縄は中国‘琉球特別自治区’」の記事(中国共産党のプロパガンダ)について書かれていました。
2011年9月15日香港の中国系新聞に「中華民族琉球特別自治区委員会」 成立の広告が、掲載されていたのだとか、去年9月の中国各大都市で発生した過激な反日デモのそれよりさらに1年前、すでに中国共産党のプロパガンダ(宣伝工作)は進められていたのでした。
中国共産党は、チベットやウイグルを占領する前に、まず、この地は、中国の「特別自治区」であると8,000万人
a0212807_233485.jpg
の党員を煽って13億人人民を洗脳、さらにあらゆる手段を使って世界に宣言して、何百万規模の漢民族(中国人)をそこへ移住させ、中国の領有化を進めて来ました。
当然、チベットに先住するチベット民族、古代よりウイグルに暮らすウイグル民族と大挙して押し寄せてきたa0212807_30784.jpg漢民族との間に発生した紛争も中国共産党と中国人民解放軍により鎮圧され、他民族は弾圧、反対する者は投獄されています。
香港の新聞記事では、「沖縄は、日本領ではなく‘琉球国’というかって中国領内の独立国家であり、チベット・ウイグル・内モンゴル(沿海州域)と同様、中国に属する固有の領土であると宣言しています。
この延長線上に先の拙ブログ(こちら)で書いた中国の首脳が、アメリカ政府クリントン国務長官に言ったという「ハワイは、中国の領土である」との発言も、ジョークではなく、つい中国4千年の中華思想(世界の中心に中国はある)が、ポロリと中国首脳の口から出たのかもしれません。(第2夜に続く)
by blues_rock | 2013-02-07 02:00 | 社会/歴史/思想 | Comments(0)