ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

Bluesの話 ‥ マディ・ウォーターズ

ブルースの歴史を話す時、デルタブルースのロバート・ジョンソン、エルモア・ジェームスと来れば、やはり次はシカゴブルースのシンボル、マディ・ウォーターズ(1915~1983)です。
マディ・ウォーターズのステージ・ネームは、生まれ育ったミシシッピ州デルタ地帯の水たまりで泥んこ(マディ)になって遊ぶのが大好きな子供だったことから、子供の頃のニックネーム‘マディ’に由来しています。
a0212807_2245792.jpg
1943年に故郷ミシシッピ州を離れシカゴに移住、ブルースにいち早くエレキ・ギターを持ち込み風格あるヴォーカルで多くのブルース・ミュージシャンに影響を与え‘シカゴブルースの父’と称されました。
ロックに与えた影響も大きくエリック・クラプトン、ローリング・ストーンズ、ジョニー・ウィンターなど他にも多くのロックミュージシャンがマディ・ウォーターズの演奏スタイルを学び自分のオリジナリティを確立していきました。
a0212807_22454716.jpg
とくにローリング・ストーンズ結成メンバー、ブライアン・ジョーンズ、ミック・ジャガー、キース・リチャーズは、マディ・ウォーターズを心酔しました。
ザ・ローリング・ストーンズ’というバンド名もマディ・ウォーターズの曲‘Rollin' Stone’(1950)を元にしています。
by blues_rock | 2013-01-27 00:33 | 音楽(Blues/Rock) | Comments(0)