ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

無法が法の保護を求める笑い話

新聞の社会面を読んでいたら大笑いする記事がありました。
福岡県・山口県で‘特定危険指定暴力団’に指定された凶悪な暴力団組織が、この指定は「法の下の平等」を定めた憲法違反に当たるとして両県の公安委員会を提訴したという内容でした。
この暴力団組織の地方裁判所への行政訴訟の内容は、‘特定危険指定暴力団’に指定された暴力団が、警戒区域内で善良な事業者や市民に金品(脅迫・恐喝によるみかじめ料)を不当に要求した場合、警察は、暴力団組員を即逮捕できることに反発したものです。  (付録:写真は九州ロマンチック街道からお借りしました。)
a0212807_12122622.jpg
暴力団への「(脅迫や恐喝の)中止命令なし」に両県警察が、暴力団組員を即逮捕できることに「法の保護」を求めるというものです。
この暴力団の訴状では、警察が主張するような拳銃やナイフを使って事業者や市民に金品(脅迫・恐喝によるみかじめ料)を不当に要求した事実はなく、事業者や市民を保護する‘改正暴力団対策法’は、暴力団活動(シノギ)を著しく制限するもので「表現の自由」や「結社の自由」を定めた憲法に違反していると「法の保護」を求めると情けない泣きごとを言っています。
a0212807_12245895.jpg
無法を地で行く暴力団が、「法の保護」を求める(生活保護法の適用を受ける暴力団員も多い)嘆かわしい時代かと思わず大笑いしていました。
堅気には決して手を出さない、渡世の掟(義理と人情)は必ず守る、極道の御法度破りは承知のこと、世間様に顔向けできず陽の当らない裏道を行くなどは、東映ヤクザ映画の虚構か清水の次郎長一家が生きた江戸時代のことでした。
警察は、真面目に働き、正直に暮らしている事業者・市民を脅迫・恐喝し、さらに殺傷する卑劣極まりない暴力団から善良な事業者・市民を断固護るべし、がんばれ、県警!
by blues_rock | 2013-01-22 00:08 | 柏原生活/博多叙景 | Comments(0)