ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

デューラーの「野うさぎ」

   ◇ アルブレヒト・デューラー「野うさぎ」1502年
a0212807_1414583.jpg
アルブレヒト・デューラー(1471~1528)は、ルネサンス期におけるドイツ(北方ルネサンス)の画家・素描家・版画家で、数学者でもあったとの記録があります。
自画像に多くの傑作を残し、また素描・版画とくに銅版画でもすばらしい才能を発揮しました。
ダ・ヴィンチやラファエロとも親交があったようで、二人はデューラーの才能を高く評価していたとのことです。
私が、デューラーの「野うさぎ」(素描)を初めて見たのは、ウィーンのアルベルティーナ美術館だったのか、他の展覧会だったのか、あるいは画集の「野うさぎ」の絵だったのか、記憶は定かではありませんが、いつもじっと魅入ってしまいます。
by blues_rock | 2012-12-24 06:11 | 美術/絵画/彫刻 | Comments(0)