ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

盗まれたフェルメール「合奏」

イザベラ・スチュワート・ガードナー美術館(ボストン)の創立者が、1892年パリのオークションでフェルメール(1632~1675)の作品「合奏」を購入しました。
フェルメールの作品で現存するは、油彩画の34点だけで、素描・下絵など一切残っておりません。
a0212807_117887.jpg
1990年3月18日深夜、イザベラ・スチュワート・ガードナー美術館に警察官を名乗る二人組の男が侵入、警備員を縛りあげてフェルメールの「合奏」、レンブラントの作品3点など13点を盗んで逃走しました。
侵入から逃走まで1時間21分、ガードナー美術館にある数多の作品の中からフェルメールやレンブラントを選ぶ手際の良さは、相当絵画を熟知したプロの仕業と思われます。
13点の作品は、忽然と消えたまま、いまだ1点も発見されておりません。
現在も捜査中なので、早く無傷で発見されることを切に願います。
by blues_rock | 2012-11-23 02:08 | 美術/絵画/彫刻 | Comments(2)
Commented by インテリアデザイナー安土 at 2012-11-24 03:04 x
美術系ですか? 私の 青春の一部は フェルメールでした。この絵の 出前の 布の描写…この辺が フェルメールは 力量を見せつけるように 描きますね~ 素晴らしいですね~私の人生の 一部ですよ!! ギターライフサイクル フェルメール で 私の フェルメールの ブログ見れますよ。Facebookは http://m.facebook.com/home.php?ref=wizard&guid=ON&_rdr ですよ。
Commented by blues_rock at 2012-11-24 10:59 x
コメント、いつもありがとうございます。
「ギターライフサイクル フェルメール」拝見し、コメントを書かせていただきました。
ギターについても、私のような弾けない者の横好きではなく、専門的なので敬服しました。
シネマの世界「天井桟敷の人々」も拙ブログに書こうと思いながらまだ書けません。
マルセル・マルローのパントマイムが、美しく最高でした。