ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

私の数寄な絵 ‥ ラファエロの聖母子

ルネッサンス全盛期の代表的な画家ラファエロ・サンティ(1483~1520没、享年37才)は、世界美術史に名を残す‘天才の中の天才’と思います。
日本では、ルネッサンス(Renaissance とはフランス語で直訳すると‘再生’)を文芸復興と翻訳してきました。
a0212807_12422823.jpg
それは、ルネッサンス期(14~15世紀)のイタリアにおける芸術上の成果から翻訳された意訳であってルネッサンスの本質は、当時のキリスト教原理主義による禁欲思想と宗派対立に閉塞(うんざり)した中世ヨーロッパ社会に芽生えた古代ギリシャ・ローマ文明への回帰と文化(学問・知識の)復興運動で、ヨーロッパ社会の価値規
a0212807_11324749.jpg
範(パラダイム)を新プラトン主義(ネオプラトニズム)におき「人間の理想」を実現しようという文化革命でした。
それを人々に最も分かりやすく顕著に表わしたのが“芸術”でした。
当時のヨーロッパ社会の人々は、キリストの人間愛を美に求め「美に対するプラトン的な愛(プラトニック・ラブ)
a0212807_11333588.jpg
により人間は、キリストの教える神の領域に近づくことができる」と考えました。
その美意識を昇華し絵画に表現したのが、ルネッサンス期の天才たちで、なかでもダ・ヴィンチ、ミケランジェロ、ラファエロ、ボッティチェリは、人類美術史上‘天才の中の天才’でした。
この4人が、同じ時代フィレンツェで暮らしていたことを奇跡と呼ばないで一体何を奇跡と呼べるのでしょうか?
私は、フィレンツェを1970年代と1990年代に2度訪ね、4人の作品を見るたびに、彼らは‘神の領域から来たエイリアン’ではないかと思いました。
<作品所蔵>
小椅子の聖母(1514) フィレンツェ/ピッティ美術館
聖母子と幼児ヨハネ(1507) パリ/ルーヴル美術館
大公の聖母(1504) フィレンツェ/ピッティ美術館
by blues_rock | 2012-10-31 05:25 | 美術/絵画/彫刻 | Comments(0)