ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

地球温暖化は領土を奪う(後編)

日本は、1990年の「京都議定書」で、温暖化ガス(CO2など)削減目標を2012年までに▲6%削減宣言し、これは何とか達成しました。
民主党政権の初代首相となったルーピー首相(ルーピー=トンチンカン)は、何を思ったか調子にのって「日本は2020年までに▲25%削減する」なんて行き成り宣言しましたから、さあ大変です。
a0212807_1151197.jpg
1990年と2012年を比較すると、この22年の削減が▲6%なのに、どうして2020年まであと残りの8年で▲19%も削減できるのさ、とそのルーピーさ加減に呆れます。
来年2013年から日本自らの公式な温暖化ガス削減目標がなくなりました。
政府が9月に発表した「エネルギー・環境戦略」によると2030 年までに1990年比較▲20%と公表しました。
a0212807_0172385.jpg
あと18年で▲14%の温暖化ガス削減目標に何の具体策もなく、とっさのウソを重ね続ける政府は、9月の「エネルギー・環境戦略計画」を閣議決定せず先送り、もうどうにもならず、ホント呆れてものが言えません。
その程度の「エネルギー・環境戦略」なので、アメリカ政府・経済3団体・原発関連施設立地自治体が、反対声明を出すと、すぐに棚上げ、頓挫してしまいました。
a0212807_14599.jpg
日本のCO2排出量の1/3は、化石燃料を使用する火力発電所の排出です。
CO2排出ゼロの原子力発電所を2030年までにゼロにするなどと“脱原発”を声高に言うは簡単ですが、「国家としてのエネルギー基本政策がない」なかで「温暖化ガス(CO2など)削減目標を2030 年までに1990年比▲20%にする」など、どうして幼稚園児でもわかるウソを言うんですかねえ‥日本には、この程度の政治家と官僚しかa0212807_145881.jpgいないのでしょうかね?
「京都議定書」にサインしていないアメリカは、早くも化石燃料のシェールガス利用拡大を始め、化石燃料依存を強化しました。
世界中で石炭の採掘拡大も始まりました。
日本が“脱原発”方針で、わが国のエネルギー基本政策を化石燃料依存型に方向転換すると世界の化石燃料、とくに原油と液化天然ガスの市場価格は高騰、資源を全面的に輸入依存の弱みをもつ日本は、足元を見られ、日本の消費者(つまり国民)が高いコストの化石燃料をイヤでも買わされる羽目になります。
原油の80%以上をアラブ諸国に依存する日本が、イランの原子力開発を巡る国際紛争に巻き込まれ、とくにアメリカを巻き込んだイスラエルとイランの戦争にでもなれば、ホルムズ海峡は、軍事封鎖され、日本への原油の輸入は完全に止まり、日本国民の生活も経済もオジャンとなり、日本は、息の根を止められてしまいます。
こちらを参考にしてください。)
「生活第一」と耳触りのいい御託をならべて先の衆議院選挙で大勝し、政権を担った民主党政権ですが、国家存続のための安全保障などまったくアタマの中にないのでしょうか?
地球温暖化で北極圏の氷が解け、氷山の崩落し、海面上昇が続き、陸は奪われ、残された農耕地は、干ばつで作物が収穫できず‥食料と飲料水の争奪、このままではSF映画「ウォーター・ワールド」と同じ世界にa0212807_172617.jpgなりますね、やっぱり。
いずれにしても「自分の命は自分で守る」のが、世界の現実なので、しっかり現実を見据え、地球が「ウォーター・ワールド」とならないよう日本国民の義務として新しい政治家と新しい政権(政府)に、現実的で達成可能な「温暖化ガス(CO2など)削減目標」を作らせましょう。
by blues_rock | 2012-10-14 00:06 | 自然/農耕/食料 | Comments(0)