ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

孫文と庄吉(前)

a0212807_2252847.jpg現在の中国建国の礎(いしずえ)を築いたのは、孫文です。
孫文(1866~1925)は、“中国革命の父”として二つの中国、中華人民共和国(北京政府)と中華民国(台湾政府)双方の中国人民から最も崇められ敬愛されている指導者です。
孫文率いる漢民族の中国革命グループは、1911年辛亥革命(しんがいかくめい)を起し清朝(満州民族支配)を滅亡させました。
現在、中国(共産党北京政府)は、アメリカ覇権(ドル)の凋落を受けて、跡目(世界覇権の座)を虎視眈々と狙い、できれば中国元を世界通貨のドルに代わる基軸通貨にして世界のパラダイムを中華思想で統一しようと、せっせせっせとドル(アメリカ国債)を貯め込み、今や世界一のドル保有国になりました。
私たち日本人は、‘中国’と一口に言いますが、中国は、いまでも二つの国家に分裂しています。
中華人民共和国(北京政府)と中華民国(台北政府、台湾)、二つの中国が、国家として存在しています。
国連にも別々の独立国家として加盟、国際外交も北京政府・台北政府それぞれが、自らを正当な中国政府と主張しているので、日本政府(外務省)も二つの中国との間で難しいお付き合い(外交)をしてきました。
a0212807_22282190.jpg1949年、中国共産党は、国民党との内戦に勝ち政権を奪うと中華人民共和国(北京政府)を樹立しました。
日本は、当初共産主義国家の中国を承認せず、台湾に逃れ台北で樹立した国民党の中華民国政権を中国としてきましたが、1972年9月、わが国と中華人民共和国(北京政府)との国交回復により、台湾と国交断絶、以来北京政府を中国と呼ぶようになりました。
1979年から日本は、中国に対しODA(開発援助)を開始、現在までに政府・民間合わせて6兆円以上の経済支援・資金援助をして来ました。 (上図:国民総生産GDPで日本を追い越した中国)
日本国民の税金による中国ODA(開発援助)は、中国国内の道路・空港・港湾・発電所といった大規模な公共インフラ事業や人民の医療・教育・環境分野でのインフラ整備に活用され、中国の近代化と経済成長のために多大な貢献を果たしてきました。 (コメント:もはやGDPで日本をしのぐ経済大国中国に経済援助する日本国)
a0212807_22285841.jpg中国共産党政府は、日本のODA(開発援助)を人民に伝えず、81年前の1931年、当時日本の植民地であった満州で起きた不幸な過去=満州鉄道爆破事件(満州事変)だけにこだわる反日教育を行ない、天安門事件以降民主化を求める20代・30代勝ち若年層の鬱積した不満のガス抜きにこれを利用、‘愛国無罪’と日系企業への破壊活動を煽り、尖閣列島の領土問題を民意と称して、中国の主要100都市で反日過激デモを演出・主導しました。
この破壊活動により焼け焦げた日系企業の映像が、メディアのニュースとインターネットサイトの動画で流れると中国の社会治安の悪さを露呈し、中国政府の面子は丸つぶれになりました。
a0212807_23491590.jpg中国外務省トツプ(外相)が、国連で「中国の反日デモは“反ファシズム”の表明である」とコメントしたとの新聞記事を読んで‘プッ’と吹き出しました。
民主主義も言論の自由も認めない共産党一党独裁国家(ファシズム国家の典型)の中国外務省トップ(外相)の口から“反ファシズム”というセリフが出るなんざぁ噴飯もの、笑えない質の悪いジョークです。
現在もアジア開発銀行を経由して国民総生産(GDP:国民の稼ぎ)で世界第3位の日本から第2位の中国へのODA(開発援助)は続いており、日本国政府(外務省)と政治家たちの外交センスを疑います。
待て、待て、そんな政府と政治家を選んだのは、ダレ?‥そう、私たち有権者、選挙民‥ということは、あれま、一番おバカさんなのは、私たち日本国民でした。(続く
by blues_rock | 2012-09-30 00:53 | 社会/歴史/思想 | Comments(0)