ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

インターネット(閑話三題 その三)

現在、わが国のインターネット利用者が9,600万人を超えたのだとか、国民の80%は、何かにつけインターネットを利用していることになります。(参考:インターネットの関連話題‥独裁国家もインターネットには敵わない
インターネットの道具であるパソコン・携帯電話・スマートフォンなど機器類の急速な普及と技術革新でインターネットがあまりに私たちの身近にあるため、その歴史を知る人は少ないと思います。
“インターネットの誕生”は、1969年に遡り、人間に例えるなら2012年現在43才です。 (左下写真:初代マック)
a0212807_2385027.png元々は、アメリカ国防総省の軍事連絡網ARPAネットでしたが、ソ連の崩壊による冷戦の終焉で、1983年民生用に転用されました。
日本では1984年、慶応大学・東京工業大学・東京大学の間で研究データ交換のためにインターネット通信が始まりました。
当初、旧文部省や旧郵政省の省壁(役人の許認可妨害)により通信回線基盤(ブロバイダー)の設置が進まず、ネットワークの完成に2年を要しました。
1984年にMAC-OS(アップル)、1985年にMS-DOS(ウィンドウズ)のオペレーティング・システムが誕生しました。
日本では1994年に本格的なインターネットワークのインフラ(ハードとソフト)が整いました。
1994年「Yahoo!」が、ポータルサイトとしてデビューしました。
1998年「Google」が、検索エンジンとしてサービスを始めました。
2004年「facebook」が、SNSサイトとしてスタートしました。  (下写真:スティーブン・ジョブスとビル・ゲイツ)
a0212807_2441499.jpg
駆け足でインターネットの歴史を見て来ましたが、人類科学の歴史からするとインターネットはまだ誕生したばかりと言えるかもしれません。
パソコンがスモールサイジングし携帯電話と合体、カメラとテレビ(動画再生)の機能を合わせ持ちクレジット・カード、キャッシングと同等の金融決済機能もある“スマートフォン”の爆発的な普及は、人々の生活もドラスティック(急激)に変化させるでしょう。    (下写真:世界のイスラム諸国‥世界人口の20%がイスラム教徒)
a0212807_2444046.png
いまイスラム世界、中国社会で大活躍しているのが、インターネットです。
西欧文明を拒否し先進国(とくにアメリカ)を否定しながら、戦争やテロでは先進国(敵)のハイテク武器・銃器を使用、移動にはこれまた敵国製の高級自動車を乗り回し、反米デモにも敵国製のスマートフォンで参加を呼びかけ、どの宗派の原理主義者たちも自分たちの文明へのプライドはなく何でもありで自己都合により原理原則は、常にクルクル変わるものだということが、良く分かりました。
by blues_rock | 2012-09-17 00:38 | 柏原生活/博多叙景 | Comments(0)