ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

バビロンの陽光  シネマの世界<第82話>

イラク映画の将来を担う俊英モハメド・アルダラジー監督(1978~34才)が、一人で監督・脚本・撮影を担って撮った2011年イラク映画「バビロンの陽光」(原題:バビロンの息子)は、稀にみる秀作です。
a0212807_77973.jpg
イラクでは、2003年以降映画が製作されたのは、たった3本だそうです。
今でもイラクには映画館がなく、モハメド・アルダラジー監督自らイラクの映画仲間たちと‘イラク・モバイル・シネマ’(移動映画館)の活動をしています。
アルダラジー監督は、現在34才の若さながら映画センスは抜群で、映画「バビロンの陽光」を見るとイタリア映画のネオレアリズモに大きな影響を受けていることが分かります。
アルダラジー監督自身、「ロッセリーニは、私にとって重要な映画作家である」とロッセリーニ監督映画のリアリズム表現を賛美しています。
a0212807_715552.jpg
映画「バビロンの陽光」の製作国は、イラク・イギリス・フランス・オランダ・パレスチナ・UAE・エジプトで、映画の言葉(台詞)もイラク国内で実際使われているアラビア語とクルド語入り混じって会話が、交わされます。
映画の物語は、2003年フセイン政権が、崩壊した3週間後のイラクです。
12歳のクルド人少年アーメッドは、祖母と2人、フセイン軍に連れ去られ戻らない父を捜すため、着の身着のまま旅に出たところから映画は、始まります。
バクダッドからはるか900キロも離れたイラク南部のナシリアへバスで向かうため、田舎を出てヒッチハイクでバスの出るバクダッドへ向かいます。
a0212807_7155058.jpg
原題の「バビロンの息子(Son of Babylon)」のとおり、この映画は、息子を捜す母の物語であり、父を捜す息子の物語です。
映画の登場人物に悪人は一人もおらず、イラクの長い戦争で家財と家族すべてを失い、憔悴し切った善良な人たち、砂漠の砂塵の舞うガレキの街で、今日を必死に生きるイラクの人たちを映画は映します。
この映画にプロの俳優は、出演していません。
祖母役も、孫のアーメッド役も撮影現地でアルダラジー監督が、キャスティングした素人のクルド人です。
a0212807_7164311.jpg
祖母役女性の悲痛な哀しみや孫アーメッド役少年の健気な表情が、映画をすばらしい作品にしています。
祖母役女性自身、政治的な理由から5年以上刑務所で暮らし、その間に子供を失くしています。
彼女は、家から連れ去られた夫を20年間探しましたが、夫は亡くなっていました。
彼女の兄も、路上で首を吊るされ殺されました。
彼女が、この祖母役を演じることは、自分の過酷な体験を憶い出すことでもありました。
映画の中で息子捜しを手伝うイラン人(彼は強要されてクルド人を殺した過去をもつ元兵士)に彼女が「私は復讐を求めてはいない、今ではもう。許すということができたら、それこそが、イラクが前に進む道、だから私はあなたを許す。」という感動的なシーンがあります。
a0212807_7174298.jpg
アルダラジー監督も「編集のとき彼女の演技を見て、真に心を揺さぶる演技をしてくれたことが分かりました。彼女のような過酷な体験と人間性をもった人間だけができる演技ということに気付きました。」と言っています。
内戦状態のイラク国内ですべて撮影したので、外国人スタッフは恐怖で全員帰国し、イラク人スタッフのみで撮影したそうです。
アルダラジー監督は、フセイン政権の圧政と内戦の虐殺によりイラク国内で行方不明になっている100万人ともいわれる人たちを捜す「イラク・ミッシング・キャンペーン」を支援しています。
モハメド・アルダラジー監督の次回作品は、女性の自爆テロリストを主人公にした映画「The Train Station」だとか‥次の映画もまた生と死の“タナトスの匂い”漂う映画になるようです。
by blues_rock | 2012-08-31 06:02 | 映画(シネマの世界) | Comments(0)