ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

ランバダ(Lambada)

ランバダ(Lambada)は、ボリビアのフォルクローレをフランスの多国籍(セネガル人・ブラジル人・フランス人)バンド「カオマ(Kaoma)」が、1989年アップ・テンポのダンス音楽にアレンジし、ワールド・ミュージックとして世界中で大ヒットしました。
カオマの演奏するアップ・テンポのランバダは、メロディに哀愁がありながら情熱的なリズムで、男女が密着し、腰を振りながら激しく動きまわるダンスは、実にセクシーです。
a0212807_1649105.jpg
ランバダ・ダンスは、サルサのステップ、サンバの腰の動き、タンゴのペア・ダンスをランバダの曲に合わせるとランバダは踊れるかもしれません。
私は、今でも夏の盛りになるとランバダを無性に聴きたくなります。
CDを引っ張り出してランバダを聴きながら、目を瞑(つむ)り白昼夢の中で、キュートなブラジル女性とランバダを踊っている夢を見ることにしています。
by blues_rock | 2012-08-28 00:28 | 音楽(Blues/Rock) | Comments(0)