ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

領土問題

夏の暑い日射しが続いています。
皆様、お変わりありませんか?
山裾で暮らしていると人の体感は同じでも、ほんのわずかな季節の移ろいを自然が教えてくれます。
セミの鳴き声が、クマゼミ・アブラゼミからツクツクボウシ・カナカナに変わり、ウスバキトンボの大群が、あたり一面に群れ飛びまわるようになりました。a0212807_2274175.jpg
「虫の知らせ」は、気配の変化に敏感です。
私の自宅にはテレビがなく、ロンドン・オリンピックの‘メダル!メダル!の大騒ぎ’も他人事でしたが、オリンピックのサッカー場での出来事‥日本チームに勝った韓国チームの選手が、ピットで‘独島は韓国領土’のプレートを掲示したニュースでオリンピックに関心を持ちました。
この行為にFIFAが、毅然と国際試合のサッカー場に“政治・思想・宗教”を持ち込まないというルールに違反したとして同選手にペナルティを課したのは正しい措置だと思います。 (上写真:ツクツクボウシ、下写真:ウスバキトンボ)
この「虫の知らせ」は、日本周辺が、キナ臭くなっているとこを教えました。
アメリカの軍事力(覇権)と核の抑止力(核の傘)に守られてきた日本国の安全保障も、このところのアメリカ国力の低下で、日本の防衛力を背後で支える力の衰えを周辺国が、見透かし始めました。
a0212807_22221626.jpg
オホーツク海にある日本の「北方4島」返還を要求する日本国民の意識と気持ちを甘く見て、わざわざ双方の国民が感情的になるように、ロシア首相以下択捉島に行ってまた争いの歴史に火を付けようとしています。
日本海では、韓国が「竹島(日本語版PDF参照)」を不法占拠し独島(トクト)と呼び変え、同国大統領は、自分の支持率低迷を挽回するため政治に利用するため、わざわざその小っぽけな島に行き、韓国政府は、公式世界地図に記載された正式名である日本海も‘東海’に名前を変えるよう言い始めました。
a0212807_22242856.png韓国政府の反日感情を煽るナショナリズム・キャンペーンで、早くも韓国民の一部が、「対馬」は韓国の領土と言い始めました。
東シナ海では、日本政府(外務省)の外交能力のお粗末さを嘲(あざ)笑うかのように、中国政府は、人民を煽り「尖閣列島」の領有を主張しています。
ドサクサ紛(まぎ)れに、台湾や香港も尖閣列島は、自分の島だと言い始めました。
こうなると何でもありで、イチャモン付けて、不法占拠し、大の字になって‘自分のものだ(=自国領土だ)’と、言ったもん勝ちの無法地帯‥やがて中国は、八重山諸島も沖縄も、さらにダメ元で与論島も奄美大島も、全部自国領土だと主張することでしょう。
日本経済新聞が、イギリス・フィナンシャル・タイムズの記事として「中国人の中には“中国が墓で満たされようとも、われわれは日本人全員を殺さなければならない”と金切り声をあげて叫ぶ人たちがいる。(日本も中国)双方、金切り声でナショナリズムを叫ぶ連中の言うことを聞いてはならない。両国は良好な関係を維持すべきだ。」と紹介していましたが、私もそのとおりと思います。 (下写真:島根県の離島「竹島」)
a0212807_22262430.jpg罵(ののし)り合い、怒鳴り合っても何も解決しません。
感情抑制のない憎悪と嫌悪の果てにあるのは戦争です。
戦争で得るものお互い何もなく、勝者も敗者もなく、戦争で死んだ多くの兵士たちの恨みと家族の深い悲しみだけが未来永劫残るだけです。
戦争の果実は、国民の不幸です。
いかなる国の紛争も第三者機関(国際司法裁判所や国連)の前で、堂々と自分の正義と正当性を主張し多少時間がかかろうとも毅然と意見を述べ、堂々と議論すれば良いことです。
短絡的な感情で喚(わめ)き散らし、大声で怒鳴るなんぞ、愚の骨頂、最低・最悪の行為です。
経済に活況があり、仕事があって自分のため、家族のために一生懸命働いている豊かな国の国民は、もっと泰然自若として冷静に事態を見ています。
a0212807_2252074.png金切り声でナショナリズムを叫ぶ国は、国内に深刻な問題を抱えています。
民度が低く、経済は疲弊し失業率の高い国が、戦争をしたがります。
なぜなら“戦争”準備を始めた政府にとって、戦争は愛国心を煽り、戦費調達のために愛国債権(返す気のない借金)を大量に発行し、同時に増税して、国家予算を軍備と軍需産業に堂々と注ぎ込める最大の公共事業だからです。
最後に、膨大な国の借金は、ハイパーインフレでチャラ‥この結果、貧困と飢餓に泣くのも国民です。
私は、昨今のきな臭い領土問題の紛争勃発(ぼっぱつ)を回避するために、領土問題の解決を先送りすることに賛成です。(参考:現在、世界中で40件の領土問題紛争があり、3分の2が‘棚上げ’されている。)
金切り声あげてオリンピックの応援をするような愛国心を煽り、短絡的に戦争するより“先送り(棚上げ)”して、未来の聡明な人たちにこの問題の解決を委ねたいと思います。
by blues_rock | 2012-08-27 00:17 | 社会/歴史/思想 | Comments(0)