ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

阿蘇の山 ‥ ヒゴタイ

a0212807_1613383.jpg阿蘇九重国立公園の中、産山(うぶやま)村に「ヒゴタイ公園」があります。
ヒゴタイを漢字で書くと、平江帯または肥後躰と書きますが、少し憶えにくいので今ではカタカナでヒゴタイと書いています。                
原産地は朝鮮半島(中国大陸という説もあります)で、現在の分布エリアも朝鮮半島の南部、西日本の一部、九州では熊本・大分に連なる阿蘇九重国立公園の周辺に限定されています。
キク科の多年草でアザミのようなトゲが特徴、環境省の‘絶滅危惧種’に指定されています。          (上下写真 : 阿蘇ヒゴタイ公園からの眺望とヒゴタイの花)
阿蘇の「ヒゴタイ公園」では、タネを販売していますので、植物栽培が好きな方は、ヒゴタイのタネを自分の庭に植えられ栽培を愉しまれながら、ヒゴタイを絶滅から救ってあげてください。
a0212807_1622667.jpg
私の働く高齢者介護施設の小さな庭でも「ヒゴタイ公園」直系の子孫たちが、立派に育ち美しく咲いています。
a0212807_1623756.jpg
花は、初夏から初秋まで咲いていますので、ヒゴタイの花を愛でながら往く夏を楽しむのも一興かと思います。
by blues_rock | 2012-08-01 00:50 | 自然/農耕/食料 | Comments(0)