ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

日本陶器の原始 ‥ 六古窯

東アジア(日本・朝鮮・中国)の古陶磁・古窯の世界的な研究家であった小山富士夫(1900-1975)は、わが国の縄文・弥生土器から中世(平安・鎌倉時代)までの古陶を分類し、学術的に6か所の古窯で焼成された陶器であると「六古窯」という新しい古陶用語で呼びました。
a0212807_2354092.jpg
日本では、日本列島の先住民であった縄文人が、生活の中で土器という独特な“焼きもの”を発明しました。
それから弥生土器、土師器(はじき)、須恵器(すえき)と“焼きしめ”による焼成技術が発達し、鎌倉時代になると高温で焼成した陶器が誕生しました。
a0212807_182414.jpg
瀬戸窯で初めて釉(うわぐすり)をかけた陶器(古瀬戸)が焼成され、同じころ常滑・越前・信楽・丹波・備前でも同じような焼成技術を使って暮らしに必要な陶器をまとめて生産する穴窯・大窯が現われました。
a0212807_23251392.jpg南北朝から室町時代になると鎌倉時代、中国渡来の禅宗によってもたらされた喫茶の風習が公家・武家・商家にも広まり、中国との交流・交易も活発になり大陸の陶磁器が、渡来するようになりました。
さらに戦国の世を経て安土・桃山時代になると村田珠光・武野紹鴎の「茶の湯」が広がり、千利休に受け継がれ、豊臣秀吉の朝鮮出兵により半島の陶器(生活雑器)が、大量に日本に渡来しました。
渡来品の中国陶磁器・朝鮮陶器の製陶技術は、日本独自の陶器を焼成していた「六古窯」に大きな影響を与え、窯・土・釉の研究・工夫・改良により桃山時代以降、日本の陶磁器生産は、技術革新しながら進歩し陶磁器を焼成する窯元も、良質な陶土と薪(赤松)を求めて全国各地に広がって行きました。
縄文土器の発明から1万数千年、日本の風土で育ち生粋の日本陶器を焼成した窯を学術的に「六古窯」と呼び中国・朝鮮古陶の影響を受けた桃山時代以降の窯と区別しています。
   ◆ 瀬戸(愛知県瀬戸市)
a0212807_2347833.jpg
瀬戸市の東南にある猿投山の山麓で焼きもの作りは始りました。
器の強度を高めるため釉(うわぐすり)をかけて焼くという本格的な技法をとっていたのは、当時の六古窯のなかで瀬戸だけでした。
他の窯では、焼きしめといって焼成温度を高めて堅くし吸水性がなくなるまで焼きしめていました。
   ◆ 古常滑(愛知県常滑市)
a0212807_2356111.jpg
古常滑と呼ばれる初期のものは歴史が古く、六古窯の中でも最も古く大規模でした。
須恵器の時代の平安末期までさかのぼり「壺や甕」が主な生産品でした。
   ◆ 古越前(福井県丹生郡織田町・宮崎村)
a0212807_032997.jpg
古常滑と同じような歴史をもつのが、越前焼でした。
「壺や甕」が主な生産品なのは古常滑と同じですが、興味深いのは、室町時代以降、既婚女性用の「お歯黒壺」が盛んに作られました。
ロクロを用いない奇妙な形の小壺は、後年茶の湯に親しむ風流人に好まれ、一輪挿しなどに使われました。
時代とともに廃窯されて行き古越前焼の火が途絶えました
   ◆ 古信楽(滋賀県甲賀郡信楽町)
a0212807_0172842.jpg
信楽焼は、紫香楽(しがらき)宮の屋根瓦を焼くために始まりました。
大火で都が消失した後「種もみ用の壺」などで細々と窯は維持されておりましたが、室町時代になり、野趣豊かな土味を生かした素朴な風合いが、茶人たちの目に止まり、茶陶の生産地として発展しました。
   ◆ 古丹波(兵庫県篠山市立杭)
a0212807_0241040.jpg
六古窯の他の窯と同じような生い立ちで、「壺・甕・すり鉢」などの生活雑器を生産していました。
やがて茶人小堀遠州の好みによって、味わいのある茶陶が焼かれるようになりました。
蛇窯という穴窯で長時間焼かれ出来る「灰かむり」は、ダイナミックで重厚です。
   ◆ 古備前(岡山県備前市伊部)
a0212807_0343577.jpg
今では名陶や陶芸品の代名詞ともなった備前焼も、六古窯のひとつでした。
平安時代末期に窯が開かれた頃は「壺・甕・すり鉢」などの生活雑器を焼く普通の窯でした。
室町時代になると高温に耐える良質の陶土を生かし、2週間におよぶ焼成で徹底して焼きしめ、その長時間の焼成中で起こる窯変が、茶人の評判となり盛んになりました。
やがて茶陶が衰退すると古備前窯も次第に消滅していきましたが、終戦後金重陶陽(1896~1967)・藤原 啓(1899~1983)などの名匠(人間国宝)の手で備前焼は再興され有名になりました。
by blues_rock | 2012-07-30 00:04 | 金継ぎ/古美術/漆芸 | Comments(0)