ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

まだはもう、もうはまだなり

世界の株価が、低迷し安値圏で乱高下しています。
原因は、PIGS(ポルトガル・イタリア・ギリシャ・スペイン)の国家財政破綻危機(国債金利の上昇)とEU各国の金融政策をめぐるダッチロール、世界中のメガ・バンクの資金不足(自己資本率の低下)、為替の変動です。
市場は、世界経済の先行きに疑心暗鬼で、日々のニュース(材料)に一喜一憂しており、各国の証券市場刻々の変動をリアルタイム世界の株価指数で見ることができます。 (下写真 : 酒井抱一「風雨草花図」 1821年)
a0212807_014350.jpg
日本経済新聞に掲載される経済評論家(エコノミスト)や証券専門家(アナリスト・ストテラジスト)の株価予想・為替予測コメントのデタラメなこと‥彼らの予想・予測が、当った例(ためし)ありません。
新聞やサイトの株式解説なんか、ジャンケン後だしもいいところ、MBAを信用してはなりません。
信じるのは、自分‥株への投資は、すべて自己責任です
a0212807_0152083.jpg
私からのアドバイスは、三つです。
● 損をしない自分のルールを作り上げること
● メンタルコントロールをし、ルールをひたすら繰り返すこと
● 資金を正しく管理して、リスクを最小限に、儲けを最大化すること
a0212807_0153413.jpg
株の格言に「まだはもう、もうはまだなり」という言葉があります。
自分の欲をコントロールして、くれぐれも大儲けしようなんて思わないことです。
株を長期投資と考えるのか、またはデイ・トレーダーのごときバクチをするのか、それは自分の問題です。
by blues_rock | 2012-07-02 00:30 | 経済/政治/世界 | Comments(0)