ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

認知症の患者250万人

この頃、日本経済新聞の記事に「高齢者介護」と「認知症」という文字が、やたら増えたように思います。
経済専門の新聞に増える介護記事の意味は、経済界・産業界が、いままで見向きもしなかった福祉分野=介護事業への関心の高さを表しています。
さらに未曾有の高齢者社会を迎えたわが国の喫緊の重要課題「だれが介護をするか?」が、高齢者自身の、高齢者を家族にもつ国民の、深刻な現実問題に追いついたからです。
だが待てよ、高齢者社会が、いきなり目の前に現れたわけではありません。
総理府が、5年に一度実施してきた国勢調査、あれほどのテマ・ヒマ・コスト(人手・時間・税金)をかけてローラ
a0212807_23452760.jpg
ー作戦よろしく戸別訪問し、長い年月かけて調査をしてきたのだから、高齢化する国民の人口と年齢構成くらいは、とっくに分かっていたはず、今ごろ大騒ぎするなんざぁ、滑稽です。
私たち国民は、分かっていることを先送りして、無能な政治家たちを選挙で選び、役立たずの政府のままに今まで放置して来たのですから、政府・役人を責めたとて天にツバするようなものですが、顔に落ちてきたツバを拭いながら何とかするしかありません。
すでに日本国民は、1,000兆円借金を背負っていますが、増加する莫大な社会保障費(年金・医療・介護・生活保護など)の財源確保に残された時間はありません。
a0212807_2348041.jpg
政府は、何が何でも消費税率を引き上げたいのでしょうが、税金を上げる前に、立法府改革(のリストラとコストカット)⇒衆参両院議員(政治家)定数を半分にリストラすること、行政府改革(のリストラとコストカット)⇒都道府県を廃し道州制による自治政府にし、中央政府の機能は、防衛・外交・通貨管理に限定すること、地方行政改革(のリストラとコストカット)⇒市町村統合をさらに進め市町村長数・地方議員数・地方公務員数の数を半分にし、無駄なインフラも放棄すること、で可及的速やかに赤字国債の発行を半分にしましょうよ。
さて、前置きはこれくらいにして、先日の日経新聞記事にあった「認知症の患者数250万人」の数字は、ものすごく少ないように思います。
a0212807_2347556.jpg
つぎの文章は、私の働く高齢者介護事業所(デイサービス・小規模多機能ホームの2施設を運営)が、発行する7月号ニュースのコラムです。
<「小規模多機能型介護」という介護サービスは、まだまだ社会に認知され、理解されていない。家族は外で1日中働き、帰ってほっとくつろぐ自宅に要介護の高齢者がいる負担感は、想像以上に大変であろうし、察するに余りある。家族が仕事を止め、付きっ切りで面倒をみることなど、簡単にはできない。要介護度が上がり、認知度が上がっても、親を施設には入れたくない、本人も入りたくない、施設は簡単に入れない、三ないが現実。「みのり荘」では、この1年、たくさんの介護相談を受けてきた。「小規模多機能型介護施設みのり荘」は、在宅サー
a0212807_23494716.jpg
ビス介護施設である。家で過ごすことを支援するサービス施設である。そして、家族の介護負担の軽減や一人暮らしの不安をカバーする保険サービスである。これが理解されない。今日も認知症状で興奮し、大声で物を投げるお年寄りをみんなでなだになだめ、夜に外に出て行こうとするお年寄りを遮り、バカにするなと怒鳴られる。家族からは「あなたがたはプロでしょう!ものの言い方が悪かったんではないですか?とにかく家につれて来ないで、こちらも困ります、そちらで何とかして!」とお叱りを受けた。そんな時、スッタフ一同、頭をかかえてうなだれる。(田)>(以上コラムから転載)
私たちの2施設は、認知症対応型の施設ではありませんが、それでも利用される高齢者4人に3人くらいの方に
a0212807_23515100.jpg
程度の差こそあれ認知症状があります。
介護現場の体感として認知症を患う高齢者の現実は、厚労省が都道府県からの数字をそのまま発表しても日本国の認知症患者の実態を正しく把握しているとは思えません。
介護現場にいると、認知症高齢者を抱える家族の介護ストレスが、どれほどのものか察するに余りあります。
いま介護家族の「介護ウツ」が、急増しています。
“不幸の連鎖”が、広がらないうちに早く介護の現実を改善するために先手を打っておく必要があります。
不幸の山が、どれだけ高くなれば“慢性先送り国民病”は、治るのでしょうか?
(付録)写真は九州ロマンチック街道からお借りしました。
by blues_rock | 2012-07-01 00:26 | 高齢者介護(認知症) | Comments(1)
Commented by J-マッチ at 2012-07-01 21:23 x
僕も介護ウツかもしれません。
過敏性腸症候群や神経性胃炎のような症状がよく出ます。
でも、自然の景観の中に出かけたら、嘘のように治るから不思議です。
写真の紹介、ありがとうございました。