ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

金継ぎ工芸会作品展2012

金継ぎ工芸会の作品展が、福岡市天神のアクロス福岡(2階匠ギャラリー)で今週の月曜日6月25日から始まり日曜日の7月1日まで開催されています。                   (説明1 :下写真4枚、私の作品)
a0212807_08051.jpg
金継ぎ工芸を始めて2年‥壊れた(ワレたりカケたりした)古い茶碗や皿を糊漆で繕って、呂色漆を塗っては乾かし、砥いで、時には漆にかぶれ猛烈な痒みに耐えて、また漆を塗って乾かし砥いでの繰り返しです。
a0212807_014488.jpg
この一連の作業を繰り返すこと10~20回、その後やっと金を蒔いて乾かし仕上げ漆を塗って角粉で磨いて、やっと一つ出来上がり、この間、早くて1か月くらいかかります。
a0212807_0184026.jpg
古陶に興味のない友人は、首をひねりながら「そんな薄汚れ割れた茶碗にテマ・ヒマ・カネかけて、バカしゃないの?ワレた茶碗かかえ下向いて、ただ黙々作業している姿は気持ち悪い、見ていて暗い。新しい茶碗を買え
a0212807_020167.jpg
ば‥」と言いたい放題です。
しかし、なんと言われても平気、古陶のカケラを弄っている時間が、楽しいのです。
a0212807_0235290.jpg
有名デパートの棚にならぶ銘入り箱付の立派で高価な陶磁器に、私はまったく興味ありません。
旧知の陶芸家から一昨年秋に、窯開きの案内があり窯元を訪ねました。
a0212807_0244718.jpg
彼の窯で焼いた器は、旧くから気に入り使ってきましたので7寸皿を2枚買いました。
それから1年あまり、気に入って買ったはずなのに食事していても、どうしてもしっくり来ないのです。
                           (説明2:上写真2枚、友人二人の作品・下写真、講師の作品)
a0212807_0254219.jpg
気に入って買った皿なので、どうにかしようと思い、2枚の丸皿ともペンチで皿のふちを7~8㎝壊し、カケたところをパテで繕い、現在金継ぎ(梨子地)中です。
陶器に興味のない友人には、まだ黙っていますが、このことを話したらきっと呆れてしまうでしょうね。
by blues_rock | 2012-06-28 00:26 | 金継ぎ/古美術/漆芸 | Comments(2)
Commented by ダイハード at 2015-01-16 22:33 x
(1月16日付より)即レス、ありがとうございます!
ブログ記事を遡らせていただきまして、該当の画像をみつけましたが・・・コレが手描きだとは唖然ボー然!まさに「匠のワザ」ですね。
Commented by blues_rock at 2015-01-17 01:28
最下段の作品と推察しますが、福岡金継ぎ工芸会講師の作品です。
銀地に銀の蒔絵で、私も好きな作品です。